長澤 真澄(ながさわ ますみ)は東京都出身のハープ奏者。

経歴編集

外交官だった父の仕事のため、5歳から10歳までオランダで暮らす。日本に帰国後、ハープを渡辺万理、桑島すみれに師事。17歳の時にマースリヒト音楽院に留学し、フィア・ベルグハウトのもとで学ぶ。同音楽院のソリスト試験を最高点で卒業し、続いて優れた演奏家に与えられる特別賞「Prix d'Exellence」を受ける。マラ・ガラッシにシングルアクションハープを師事。

ヨーロッパでの活動編集

ソロ・コンサートの他にコンセルトヘボウ室内管弦楽団、ケンブリッジ・セントジョーンズカレッジ合唱団などとソリストとして共演。また、欧州各地での音楽祭に招かれ演奏。2004年と2008年には世界的なメゾソプラノ歌手チェチーリア・バルトリのツアーに参加。

日本での活動編集

オーケストラとの共演やリサイタルの他に、「題名のない音楽会21」「Music Soul」(共にテレビ朝日系)などテレビやラジオにも度々出演している。

近況編集

18世紀後半から19世紀中ごろまでのレパートリーを開拓し、シングルアクションハープを中心とした活動に力を入れている。この楽器ではソロやアンサンブルの他、フライブルク・バロックオーケストラ、バルタザール・ノイマンアンサンブルなどのバロックオーケストラとも演奏している。日本ではフルート奏者の有田正広と共演している。

演奏会のほかCD製作も精力的に行っている。オランダのレーベルからもCDを発表している。特に、エトセトラから発売されているシングルアクションハープのシリーズは、自ら企画を手がけている。

2008年9月にはパリで行われたリリー・ラスキーヌ国際ハープコンクールで審査員を務める。

モーツァルト 初期ソナタ編集

CD「モーツァルト&ペトリーニ:初期ソナタ集」では、モーツァルトが9歳の時にオランダで作曲した「ヴァイオリン伴奏付きクラヴサンのための6つのソナタ」(KV26-31)を、当時使われていたシングルアクションハープで演奏している。これは、作曲された翌年にパリで出版された楽譜に「この曲はハープでも演奏できる」と記されていることを基に演奏し録音された世界初のCDである。

受賞歴編集

  • 音楽新聞社主催村松賞音楽部門大賞

教鞭編集

ディスコグラフィー編集

  • はるかなる国エーリン(東芝EMI CZ32-9069)
  • 響宴(東芝EMI TOCZ-9110)
  • 天使の祭典(東芝EMI TOCZ-9179)
  • 朝の詩(うた)(東芝EMI TOCZ-9267)
  • 夜の詩(うた)(東芝EMI TOCZ-9246)
  • ファー アンド アウェイ(東芝EMI TOCT25578) ベスト盤
  • モーツァルト:フルートと管弦楽のための作品全集 有田正広(トラヴェルソ)、長澤真澄(シングルアクションハープ)東京バッハ・モーツァルト・オーケストラ寺神戸亮(コンサートマスター) (COGQ-21-22)
  • Amuse(Etcetera KTC1263)
  • Grand Desserts (The world of J.L.Dussek) with Richard Egarr (fortepiano) (Etcetera KTC1270)
  • Souper Galant with Alfredo Bernardini (baroque oboe) (Etcetera KTC1293)
  • Amusette Douce Seven sonatas by Naderman on Naderman single-action harp 1815(Etcetera KTC1341)
  • L'arome de L'est Harp Music from Eastern Europe and beyond (Etcetera KTC1362)
  • "モーツァルト&ペトリーニ:初期ソナタ集"  寺神戸亮(バロック・ヴァイオリン) (Etcetera KTC1404)
  • Deux à Deux with Teunis van der Zwart (natural horn) (Etcetera KTC1430)
  • “Madame et Monsieur Dussek” (Etcetera KTC1439)
  • "Jan Ladislav Dussek Duos for Harp and Piano Forte" with Richard Egarr (fortepiano) (Etcetera KTC1436)

外部リンク編集