メインメニューを開く

長田 博(ながた ひろし、1927年昭和2年)9月6日 - 2013年平成25年)12月1日)は、日本海軍軍人及び海上自衛官。第24代自衛艦隊司令官を経て第16代海上幕僚長を務めた。海軍兵学校出身最後の海上幕僚長(海兵76期)。

長田 博
生誕 1927年9月6日
日本の旗 日本 神奈川県
死没 (2013-12-01) 2013年12月1日(86歳没)
日本の旗 日本 東京都世田谷区
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍
Flag of Coastal Safety Force of Japan 2012-03-04.jpg 警備隊
Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1944 - 1945(日本海軍)
1953 - 1954(警備隊)
1954 - 1987(海自)
最終階級 JMSDF Admiral insignia (a).svg 海上幕僚長たる海将
テンプレートを表示

目次

略歴編集

1944年(昭和19年)10月、海軍兵学校に第76期生として入校する。終戦により、海軍兵学校が閉校となり第2学年扱いで修了となる。その後、第一水産講習所に入学[1]。卒業後は、日魯漁業に入社し、トロール船に乗組む。1953年(昭和28年)8月、海軍ができると聞き、保安庁警備隊に応募し、三等警備士で入隊する[1]。職種は砲術、ターター・システム導入に備えて第1回米留、帰国後は「あまつかぜ」砲雷長。念願の艦長は護衛艦「きたかみ」の1回だけで、以後、海幕防衛畑を歩む[1]4次防53中業を手掛け、海上幕僚監部防衛部長として56中業をまとめ、海上防衛力の整備に尽力した[1]。その後、呉地方総監自衛艦隊司令官を経て、第16代海上幕僚長に就任。「新・八八艦隊」などと俗称される「八艦八機」体制の生みの親であり、退官に際して「海軍兵学校出身の最後の海幕長」として朝日新聞「この人」欄に取り上げられた。退官後は、艦船総合情報誌「世界の艦船」に高い頻度で執筆・寄稿していることでも知られる。

なお、自衛艦隊司令官は横須賀地方総監と同等の政令指定職5号ポストであり海幕長への登竜門となっているが、自衛艦隊司令官から海幕長への昇格は長田を最後に23年間、杉本正彦が就任するまで途絶えることとなる。

年譜編集

栄典編集

  •   勲二等瑞宝章 - 1997年(平成9年)11月3日

関係する人物編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 海上自衛新聞・1985年(昭和60年)9月8日(日)第3面「海上幕僚長・長田博に聞く」
  2. ^ 『官報』号外220号(平成9年11月4日)
  3. ^ 元海上幕僚長、長田博氏が死去”. 産経新聞(MSN産経ニュース) (2013年12月2日). 2018年2月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年2月7日閲覧。
  4. ^ 『官報』本紙6206号(平成26年1月10日)