メインメニューを開く

長禄・寛正の飢饉(ちょうろく・かんしょうのききん)は、長禄3年(1459年)から寛正2年(1461年)にかけて日本全国を襲った大飢饉のこと。『碧山日録』『大乗院寺社雑事記』に史料が豊富に残る[1]

目次

概要編集

長禄3年は全国的な旱魃[注釈 1]に加えて、関東地方享徳の乱畿内台風などによって西日本を中心に飢饉が発生、翌年にも大雨による水害と旱魃が交互に訪れた上に虫害と疫病も加わって飢饉が全国で拡大した。さらに畠山氏家督争い、斯波氏長禄合戦などによって、両氏の領国では一層事態が深刻化した。

京都では長禄3年(1459年)旧暦8月に台風が直撃し、賀茂川が氾濫して多数の家屋が流出し、数え切れないほどの死者が出たほか、飢饉がより深刻化した寛正2年(1461年)には、大量の流民が市中に流れ込み事態はより悪化した。同年正月の京都にはすでに乞食が数万人いたとされ、この年の最初の2か月で8万2千もの餓死者が出ている[2]。だがこれだけの惨事にもかかわらず、室町幕府将軍足利義政花の御所の改築に夢中で世事に全く関心を示さず、見かねた後花園天皇の諫言をも無視した[3]。こうした混乱は、6年後に発生する応仁の乱の下敷きともなった。

一方、時宗願阿弥は、京都六角堂の南に舎屋を設けてなどを流民に施し、連日八千人規模の慈善活動をひと月ほど行ったという[2]。次いで四条五条の橋下に、ひと穴千体あるいは二千体ともいわれる屍体を埋め、鴨川の河原に塚を築いてこれを弔った[2]。また、延暦寺の支配下に置かれて浄土真宗の活動を禁じられていた本願寺では蓮如が救済活動の傍ら延暦寺からの独立を図ってその怒りを招き、いわゆる寛正の法難の原因となった。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1452年シェパード諸島近海の海底火山クワエの大噴火が複数回起こり、その影響で1455年まで北半球では世界的に夏のない年となった。その後も気候変動は続き、世界的に旱魃が頻発した。1453年コンスタンティノープルの陥落もその影響を受けている。[要出典]

出典編集

  1. ^ 瀬田(2009年)、333頁。
  2. ^ a b c 瀬田(2009年)、332頁。
  3. ^ 『新撰長禄寛正記』「主上御詠詩之事」によると、「世上三分の二餓死」に及び、天皇が将軍に諫めの詩を給わったところ、将軍は大いに恥じて新殿造営を一時中止し、君臣とも称賛されたとする。国文学研究資料館

参考文献編集

  • 瀬田勝哉『洛中洛外の群像:失われた中世京都へ』平凡社、2009年。

関連項目編集