メインメニューを開く

長與稱吉

長與 稱吉新字体長与 称吉、ながよ しょうきち、慶応2年1月7日1866年2月21日) - 明治43年(1910年9月5日)は、明治時代医師男爵

目次

略歴編集

内務省衛生局長與專齋の長男として、肥前国大村(現・長崎県大村市)に生まれる。東京帝国大学医科(現在の東京大学医学部)を経て、7年間ドイツミュンヘン大学医学部に留学する[1]。このころ、現地の女性に子供を産ませるも、手切れ金を渡して解決する(その面倒を見たのが、衛生局で專齋の部下であり、ドイツ留学中の後藤新平だった)。

医学博士号を取得して1896年に帰国、東京日本橋麹町に胃腸病院を設立する。1898年、胃腸病研究会を設立し、会長に就任する。

1910年7月20日、亡父の功績により男爵となる。同年9月5日、腹膜炎のため死去した[2]

大日本私立衛生会会頭も務めた。

家族・親族編集

妻は後藤象二郎の娘・延子。弟・長與程三は実業家で日本輸出絹連合会組長を務めた。同じく弟の長與又郎は病理学者で東京帝国大学総長、男爵。同じく弟の岩永裕吉同盟通信社の初代社長。同じく弟長與善郎白樺派の小説家、劇作家。妹・保子は松方正義の長男・と結婚した。

長男に男爵を継いだ長與立吉。長女・美代子は駐米大使斎藤博と結婚した。次女・仲子は犬養毅の息子と結婚し、その長女が評論家犬養道子、長男が共同通信社社長を務めた犬養康彦である。

脚注編集

  1. ^ 明治17年留学生のメンバーは森林太郎(鴎外)片山国嘉丹波敬三、長與稱吉、田中正平宮崎道三郎隈川宗雄萩原三圭穂積八束飯盛挺造、の10名。鴎外がこの10名を「日東十客ノ歌」に書いている。
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)208頁

関連項目編集

日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
長與(稱吉)家初代
1910年
次代:
長與立吉