メインメニューを開く

長良川発電所

岐阜県美濃市の水力発電所
立花橋から見た長良川発電所。

長良川発電所(ながらがわはつでんしょ)は、岐阜県美濃市にある中部電力水力発電所である。

目次

所在地編集

岐阜県美濃市立花字木の末

概要編集

  • 河川:長良川
  • 発電所出力:4800kW。運用開始当時の発電出力は4200kW
  • 落差:26.77m
  • 使用水量:毎秒22.24㎥
  • 形式:水路式

歴史編集

岩村藩藩士・小林重正は、1895年(明治28年)に開かれた第4回内国勧業博覧会視察で京都を訪れた際、琵琶湖疏水を利用した水力発電事業(蹴上発電所)を見て長良川での水力発電を考え付く。岐阜に戻った重正は自費を投じて長良川流域を調査した。その結果、現在地の立花が発電所の建設に適しているとした。重正は専門の技術者に依頼して設計・測量を行い、予算は当時の値段で約19万円、発電出力を3,000kwと計画。1896年(明治29年)有志8人で岐阜水力電気の設立を企画し、1897年(明治30年)には官庁の許可も得た。しかし、日清戦争後の不況で断念。1904年(明治37年)2月に許可取り消し、水利権は自然消滅となった。

 
レンガ積みの正門壁に貼られた登録プレート。

日露戦争後の好景気を迎えた1906年(明治39年)、名古屋電燈が名古屋への電力供給を目的に大規模な水力発電を計画していた。発電所の設計や測量に携わった野口遵シーメンス電気会社の技師)が計画を名古屋電燈に持ち込み、事業は名古屋電燈に受け継がれ1908年(明治41年)に着工となった。1910年(明治43年)に完成し同年に運用開始した。運開当時は日本で2番目の規模であった。長良川で最も古い水力発電所であり、2000年平成12年)に登録有形文化財に登録、2001年(平成13年)には発電所関連施設が登録有形文化財に登録[1]、2007年度(平成19年度)に近代化産業遺産に認定された。

運用開始から1981年(昭和56年)までドイツ製(フォイト社製)水車(最大出力2330kw)とドイツ製(シーメンス社製)発電機(最大出力2500kW)3基で発電を行なっていたが、中部電力の手により、機器の老朽化に伴いL字型に建てられていた旧発電所建屋の一部を取り壊し、新しく発電所建屋が建設され発電機および水車が取り替えられた。今でも旧発電所建屋に取り壊された建屋部分の跡が残っている。建設された建屋は景観を損なわないように配慮され、旧建屋と同様に外壁はレンガ調の造りになっている。取り替えられた古い発電機が発電所横に展示保存されている。

その他編集

長良川発電所の電力が名古屋方面に送電されてしまっていたため、地元への電力供給を目的として板取川電気により長良川発電所の約2.5km下流に井ノ面発電所(いのもはつでんしょ)が建設され、1914年大正3年)に運用を開始した。

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 2000年に旧発電所建屋、正門、外塀、2001年に発電所関連の施設、第一沈砂池防水壁、第二沈砂池排水路暗渠、取水口呑口上部、湯之洞谷水路橋、下須原谷水路橋、日谷水路橋、余水路横断橋が登録有形文化財として登録された。

外部リンク編集