長谷川太

日本のアナウンサー・男性声優

長谷川 太(はせがわ ふとし、1966年(昭和41年)1月20日 - )は、文化放送アナウンサー兵庫県神戸市出身。兵庫県立須磨東高等学校日本大学藝術学部放送学科卒業。1989年入社。

はせがわ ふとし
長谷川 太
プロフィール
愛称 長谷川 のび太(アニラジなどでのマイクネーム
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
生年月日 (1966-01-20) 1966年1月20日(55歳)
血液型 O型
最終学歴 日本大学藝術学部卒業
勤務局 文化放送
部署 編成局 報道スポーツセンター
活動期間 1989年 -
ジャンル スポーツ・情報系
公式サイト 公式プロフイール
出演番組・活動
出演中文化放送ライオンズナイター
文化放送ホームランナイター
ノン子とのび太のアニメスクランブル

人物・概要編集

スポーツ中継の実況などをこなす傍ら、同局の老舗アニラジ番組「ノン子とのび太のアニメスクランブル」では、「アニメチックアナウンサー」長谷川 のび太(はせがわ のびた)名義で、日髙のり子とともにパーソナリティを務める。アニメ声優の経験もある。

「長谷川のび太」の由来は、かつて『吉田照美のやる気MANMAN!』の1コーナー「DOKIDOKI最先端情報」(後に「HARAHARA最先端情報」にタイトル変更)に出演していた際、パーソナリティの吉田照美から、見た目が漫画『ドラえもん』の「野比のび太」に似ていると言われたこととされる。

現在は、スポーツ中継やニュースを読む場合は本名の「長谷川太」名義で、アニラジや声優といった場合は「長谷川のび太」名義となる(但し、超!A&G+で放送されている『れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!』では、番組コンセプトと番組実況という肩書から本名名義で出演している)。同僚アナウンサーの斉藤一美曰く、「アニメとスポーツの世界を掛け持つ唯一無二の存在」。

2006年に開催されたFIFAワールドカップでは、ジャパンコンソーシアム中継において、全国民放ラジオ97社の代表として「日本ブラジル」戦の実況を担当した。2010年での同大会では「日本カメルーン」戦の実況を担当。オリンピックでは2000年シドニーオリンピック2012年ロンドンオリンピックでジャパンコンソーシアムの中継を担当。

出演番組編集

「長谷川のび太」名義編集

過去の出演番組編集

  • 吉田照美 ソコダイジナトコ(「7時の情報デリバリー」月曜日 ソコトコ スポーツのコーナーに、不定期出演)
  • しろバラ(番組内のスポーツコーナー「すぽバラ!」「箱根駅伝への道」に、不定期出演)

「長谷川のび太」名義編集

声優での出演作品編集

関連項目編集

  • dream power-翼なき者たちへ-』 A・G・A・S - 文化放送 アニメ&ゲームゾーン(A&Gゾーン)のテーマソングで、メンバーとして参加している。

脚注編集

  1. ^ 2018年以降はTBSラジオの野球中継全国配信業務撤退による影響で『ライオンズナイター』の他局への配信(裏送りを含む)が拡大されたため、長谷川作曲のチャイムは金曜日の西武主催試合を毎日放送MBSラジオ、『MBSベースボールパーク』)にネットする場合に限り使用される。自社ローカルまたはSTVラジオ(『ファイターズLIVE』)、九州朝日放送KBCラジオ、『ホークスナイター』)への同時ネットがある場合はニッポン放送(『ショウアップナイター』)と共通のNRN標準チャイムを使う。RKB毎日放送RKBラジオ、『エキサイトホークス』)への同時ネットあるいは裏送りがある試合ではラジオ日本(『ジャイアンツナイター』)が使用するJRN標準チャイムが鳴らされる。また北海道放送HBCラジオ、『ファイターズナイター』)・東北放送(TBCラジオ、『パワフルベースボール』)・CBCラジオ(『ドラゴンズナイター』)との同時ネットないし裏送りではこれら3局共通の独自チャイムも使用される。

外部リンク編集