長谷川忠崇

長谷川 忠崇(はせがわ ただたか、元禄7年(1694年) - 安永6年5月20日1777年6月25日))は、江戸時代中期の旗本飛騨代官。父は代官長谷川忠国、母は津藩藤堂家家臣小沢正珍の娘。室は矢部重信の娘。通称は政右衛門、庄五郎。家禄は400俵。[1]

享保13年(1728年)家督を継ぎ、父に代わって飛騨代官となる。同14年(1729年)にそれまでの美濃国上川辺の出張陣屋を同国下川辺[2]に置く。これまでの飛騨代官は江戸に居住しており、必要のある時に高山へ来る方法で行政を行っていたが、元文3年(1738年)からは高山在住に改めた。同4年(1739年)家に伝わる古文書329通を献じて時服・黄金を賜う。在任中は飛騨国内の歴史史跡の維持、啓発活動などにも力を注いでおり、後に飛騨地域の歴史を今日に伝える資料となっている「飛州志」をまとめた。また、飛騨国内の史跡や橋梁などに自ら石碑を立て、その石碑は現存しているものが多い。そのほか、在任中には年貢の増免と百姓の江戸出訴への対応、年貢の金納化のための石代五カ所聞合法の採用、高山の人別米制度の実施を行なった。享保14年(1732年)には飛騨国・美濃国内で5万4500石を支配した。延享2年(1745年)病免。宝暦2年(1752年細工頭へ再出仕。同7年(1757年)に鉄砲箪笥奉行へ転任となる。安永6年(1777年)老免し、黄金を賜う。同年、病死。享年84。[3] なお、忠崇のように父から子へと飛騨代官の職を継承している例は、この後に大原騒動でも知られる大原紹正大原正純の例がある。


経歴編集

  • 享保13年(1728年)家督を継ぎ、飛騨代官となる。
  • 延享2年(1745年) 病免。
  • 宝暦2年(1745年) 細工頭へ再出仕。
  • 宝暦7年(1757年) 鉄砲箪笥奉行となる。
  • 安永6年(1777年) 死去。

脚注編集

  1. ^ 村上直ほか共編『徳川幕府全代官人名辞典』東京堂出版、2015年、366頁。
  2. ^ 現・岐阜県加茂郡川辺町
  3. ^ 村上直ほか共編『徳川幕府全代官人名辞典』東京堂出版、2015年、366頁。

参考文献編集