長谷川良夫

作曲家

長谷川 良夫(はせがわ よしお、1907年12月22日 - 1981年5月6日)は日本作曲家

長谷川 良夫
生誕 (1907-12-22) 1907年12月22日
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 (1981-05-06) 1981年5月6日(73歳没)
学歴 東京音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

経歴編集

東京に生まれる。

作曲を信時潔クラウス・プリングスハイムに師事。1931年東京音楽学校師範科卒業。1933年同研究科作曲聴講生修了、日本ビクターに所属。1937年宝塚歌劇団作曲部に所属。1938年ドイツに渡り、ベルリン国立歌劇場オペラを研究し、1940年帰国。1946年、東京音楽学校作曲科教授に就任。1949年、学制移行により東京芸術大学教授となる。1975年、同大学名誉教授となる。 1979年、勲三等瑞宝章を受章。1981年心不全のため死去。

音楽教育に力を注ぎ、著書に『作曲法教程』『大和声学教程』『対位法』などがある。門下から、保科洋菅野光亮三枝成彰はじめ多数の作曲家を輩出している。

主要作品編集

著書編集

  • 合唱読本
  • 対位法:線的作曲技法及びカノン・フーガ
  • 和声学入門
  • 大和声学教程:機能理論に基く和声運用の実技
  • 作曲法教程上巻
  • 作曲法教程下巻
  • 作曲のよろこび

ディスコグラフィー編集

  • 長谷川良夫の音楽:東と西の接点を求めて(ポリドール)

関連記事編集

脚注編集