メインメニューを開く
長谷川陸郎

長谷川 陸郎(はせがわ ろくろう、1890年明治23年)1月23日[1] - 1946年昭和21年)4月3日[2])は、日本の衆議院議員立憲民政党)。弁護士

経歴編集

宮城県名取郡玉浦村(現在の岩沼市)出身[1]。菅井茂兵衛の六男として生まれ、長谷川家に入った[3]1918年大正7年)、日本大学を卒業し、同年に弁護士試験に合格した[1]仙台市に事務所を開き、後に仙台市弁護士会長に選ばれた[1]。また仙台市会議員、宮城県会議員、宮城県参事会員に選出された[2]

1930年(昭和5年)、第17回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その他、仙台大工業組合顧問、仙台青果業組合顧問、仙台針按協会顧問などを務めた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『宮城県名士宝鑑』pp.440-441
  2. ^ a b 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』
  3. ^ 『人事興信録』

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 『宮城県名士宝鑑』宮城県名士宝鑑発刊事務所、1940年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。