長谷 於保(はせ の おほ、生没年不詳)は、奈良時代後期の貴族。氏は長谷のちに文室真人官位従五位上備後守

出自 編集

のちに文室真人に改姓していることから、天武天皇の皇子である長親王の後裔と想定される[1]延暦24年(805年)田村王・小田村王・金江王・真殿王・河原王ら8人が長谷真人の氏姓を与えられている[2]

経歴 編集

従五位下叙爵後、称徳朝神護景雲2年(768年武蔵員外介に任官する。

光仁朝宝亀2年(771年散位頭に任じられ、翌宝亀3年(772年)長谷真人から文室真人改姓。宝亀8年(777年若狭守として再び地方官を務める。天応元年(781年)12月の光仁太上天皇の大葬の際には御装束司となった。

桓武朝でも天応2年(782年中務少輔延暦3年(784年備後守と京官と地方官を交互に務め、延暦4年(785年)には従五位上に昇叙されている。延暦6年(787年備後守に再任された。

官歴 編集

続日本紀』による。

脚注 編集

  1. ^ 佐伯[1994: 367]
  2. ^ 『日本後紀』延暦24年2月15日条

参考文献 編集