長谷邦夫

日本の漫画家

長谷 邦夫(ながたに くにお、1937年4月7日 - 2018年11月25日)は、日本漫画家、漫画評論家、元大垣女子短期大学椙山女学園大学中京大学宇都宮アート&スポーツ専門学校等の講師。元日本マンガ学会理事。赤塚不二夫の長年のブレーン役。パロディ漫画におけるパイオニアとして知られる。

長谷 邦夫
生誕 (1937-04-07) 1937年4月7日
日本の旗 日本東京府東京市葛飾区
(現:東京都葛飾区)
死没 (2018-11-25) 2018年11月25日(81歳没)
日本の旗 日本栃木県塩谷郡高根沢町
国籍 日本
職業 漫画家・漫画評論家
活動期間 1956年 - 2013年
ジャンル パロディ漫画
代表作バカ式
『しびれのスカタン』
受賞 日本作詩大賞(LP賞)(1974年
公式サイト http://kunio.52-52.net/
テンプレートを表示

もともと現代詩を書く文学青年でもあり、江戸川邦生名義で小説も発表した。また、SF同人誌宇宙塵』の初期からの会員でもあった。他に1974年井上陽水氷の世界』収録曲「桜三月散歩道」(元来は『まんがNo.1』の付録のソノシートのために作成された曲)の作詞で日本作詩大賞LP賞を受賞した[1]。1970年代は山下洋輔トリオとの交友も深く、タモリが上京して初めて芸を披露した場面にも立ち会っている。

フジオ・プロではアイデアマン・作画などを担当し、『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』『天才バカボン』『もーれつア太郎』『ギャグゲリラ』など主要作品の全てに関わる。また、赤塚のアメリカ取材(『MAD』編集部への往訪)や赤塚が企画した写真漫画(『週刊少年サンデー』掲載。アクターとして出演)にも携わった。

文章を書かない赤塚に代わりゴーストライターとして赤塚名義で発表した原稿も多い。週刊少年ジャンプ誌の赤塚賞、週刊少年サンデー誌の新人コミック大賞の選考も赤塚に代わって担当していた。『ライブ・イン・ハトヤ』や『ウナギイヌ合唱隊』など、赤塚が漫画以外の活動をした時も常に共に行動するなど一心同体の存在だった。

フジオ・プロのマネージャーなども務めた横山孝雄と共に、デビュー前の赤塚と同人仲間であり、二人はフジオプロ内では赤塚と対等以上に付き合える数少ない存在でもあった。

90年代の独立以降は、漫画家として創作活動をするよりも、主に講師として後進の指導や、漫画評論家としての講演を行っていた。このため、同時代の漫画事情に同年代の漫画家よりも詳しかった。また2006年4月からは、アートアンドスポーツ専門学校が新設した小説・シナリオ科の大衆文藝演習の講師も務めていた。

経歴・生涯編集

東京府東京市葛飾区(現:東京都葛飾区金町)に生まれ育つ。少年時代は『漫画少年』に投稿。手塚治虫選考の『漫画教室』に投稿した4コマ漫画が2点同時に掲載されたのが初入選だった[2]

やがて投稿仲間の石森章太郎が主宰する東日本漫画研究会の同人となり、肉筆回覧同人誌『墨汁一滴』の執筆陣に加わる。石森や赤塚不二夫らが住む豊島区椎名町トキワ荘に出入りしていたため、新漫画党員ではないが広義の「トキワ荘メンバー」に含める場合がある。同じ東日本漫画研究会員で、トキワ荘に入居または出入りしていたメンバーには、横田とくお横山孝雄高井研一郎山内ジョージなどがいた。

1955年の高校三年の夏休みに、東京の小松川で就職をしていた赤塚不二夫と共に、上京してきた石森章太郎を出迎えて、三人で初めて手塚治虫のいた並木ハウスを訪ねた。翌日、石森と二人で初めてトキワ荘を訪れ、寺田ヒロオ藤本弘(藤子・F・不二雄)安孫子素雄(藤子不二雄A)の三人とも対面する。

同年、『漫画少年』の廃刊の知らせを受けて、赤塚と二人で学童社の編集部を訪ねる。そこで次号が出ていれば、寺田ヒロオ選考の『漫画つうしんぼ』への投稿が入選していた事実を知り怒りに打ち震えた[3]。石森の『二級天使』の原稿を回収。自身の入選作は『墨汁一滴』に掲載した。

東京都立芝商業高等学校を卒業後、塩野義製薬に就職したが、結核の兆候が発見されたため、入社3ヶ月で退職。餞別に抗結核薬のパラアミノサリチル酸カルシウム顆粒の大瓶を貰う。

退職したあとは漫画一本の生活に入る。デビューは若木書房の『爆発五分前』。3冊目からは曙出版を中心に貸本マンガ1964年まで約7年間執筆した。この時期、徳南晴一郎の仕事を手伝ったこともある。

1957年、SF小説同人誌宇宙塵が創刊されると連絡をとり、星新一光瀬龍らの同人と交流を持った。また主宰の柴野拓美の勧めで同誌において初めて短編小説『石段』を発表する。手塚治虫も参加した日本SF大会の第一回からの参加者でもあり、石森章太郎にも参加するように呼びかけた。

1965年、トキワ荘グループが創立したアニメ企画会社スタジオゼロに藤子・石森に請われて入社する。同社雑誌部のチーフアシスタントになり、『オバケのQ太郎』や『レインボー戦隊ロビン』を手掛ける。また、赤塚の『まかせて長太』のアイデア・アシスタントをよこたとくおと務めた。

同年スタジオゼロの新宿十二社の市川ビル移転に伴い、雑誌部は、藤子スタジオ、つのだプロ、赤塚のフジオ・プロダクションに分割される。長谷はフジオプロ所属となった。この時から古谷三敏と二人で、赤塚作品のアイデア・スタッフを務めるようになる。またマネージャー業務、ペン入れ作業なども手伝い始める。この時期、赤塚不二夫にキャラクターを描いてもらった『しびれのスカタン』を、少年画報で連載開始する。

1966年、『おそ松くん』ブームの最中、華書房の依頼により赤塚不二夫名義で『シェー!!の自叙伝―ぼくとおそ松くん』を書き下ろす。これが文章本の初めての書き下ろし仕事となるが、文章が90ページにしかならず、後半は赤塚漫画の収録になった。

1968年、フジオプロのスタッフ増加に伴い、マネージャー的役割から外れて、アイデアなど漫画制作専任になる。つげ義春の『ねじ式』に大いに衝撃を受ける。

1969年、『COM』にパロディ漫画『バカ式』(『ねじ式』と『天才バカボン』の混合)、『ゲゲゲの星』(『ゲゲゲの鬼太郎』と『巨人の星』の混合)などを次々と発表。一連の混合パロディ漫画シリーズは、当時流行っていた漫画評論におけるギャグ漫画軽視や、過剰解釈に対する強烈なメッセージであった。しかし掲載誌の変更に伴い、そういったメッセージ性は減少していった。

またこの年に朝日ソノラマのサンコミックスから筒井康隆原作をもとに長谷邦夫がコミカライズした『東海道戦争』が出版される。

1970年、赤塚不二夫名義で『ニャロメのうた』『ケムンパスでやんす』で初の作詞に挑戦する。つづけて『ココロのシャンソン』など赤塚キャラクターソングの作詞を手掛ける。音楽方面の仕事がきっかけで、井上陽水の売り込みの相談を受けたり、山下洋輔と面識を得る。

曙出版より『フジオプロ作品集 長谷邦夫*盗作全集 バカ式』が発売。

1971年実業之日本社より『盗作漫画全集 少年マネジン』の単行本が出る。当時パロディ漫画を、自虐的に盗作漫画と称していた。

1972年に赤塚不二夫責任編集と題した雑誌『まんがNo.1』が創刊されると編集長を任された。しかし赤塚は多忙を理由に編集作業には一切関わらず、事実上は長谷の個人誌のような有様になり、配本の不手際など実務の不慣れも重なって赤字を垂れ流すだけになり、一度も利益を出さないまま廃刊になった。

1973年中村誠一から、博多のタモリの存在を聞かされて興味を持つ。彼を呼び寄せるために新宿のバー「ジャックと豆の木」で交通費のカンパを募った。やがてカンパで上京してきたタモリの芸に圧倒され、赤塚不二夫に紹介しようとするが、最初はそんな芸達者な素人がいるとは信じようとしなかった。しかしタモリを見た赤塚はたちまち虜になり、この年に離婚をして一人暮らし用に借りていた目白のマンションを、無償でタモリに提供することになる。

1974年に二度目の単行本書き下ろし『人生破壊学』を発行(赤塚不二夫名義、執筆は奥成達と共同)。

その年、フジオプロの経理担当による数億ともいわれる横領事件が、マネージャー業務を担当していた横山孝雄らの調査により発覚。これによって長谷も含むフジオプロ在籍の各作家の印税プール金の支払いに支障をきたすことになった。古谷三敏芳谷圭児らはアシスタントを引き連れフジオプロを離脱しファミリー企画を設立。長谷は北見けんいちや、あだち勉斎藤あきらなどと共にフジオプロに残留した。

1977年3月8日、「赤塚不二夫のステージ・ギャグゲリラ」が開催されると、それに出演した。

1978年、長谷が赤塚不二夫名義で書いた自叙伝『笑わずに生きるなんて―ぼくの自叙伝』が海竜社より出版される。

1981年、NHK特集『現代マンガ家立志伝』で、『ギャグゲリラ』のアイデア会議の様子を撮影される。また、取り壊される前のトキワ荘を手塚治虫や赤塚ら元住人で訪問する際も、通い組としてつのだじろう、横山孝雄と共に参加。

1984年、本格長編推理〈私〉小説と銘打った『マンガ狂殺人事件』を赤塚不二夫名義で作品社より出版。

1988年、赤塚自身が赤塚作品それぞれを分析するという体裁の『ラディカル・ギャグ・セッション―挑発する笑いの構造』を、赤塚不二夫名義で書き下ろし。河田書房新社より出版される。(同書は2018年に『ギャグ・マンガのヒミツなのだ!』と改題、フジオプロ監修で追補・再構成され文庫化された)

1989年、『まんが「消費税戦略」入門―この対策であなたの会社は得します』を赤塚不二夫名義でダイヤモンド社より描き下ろす。二ヶ月で描き上げるためホテル・カンヅメ生活が続き、2月9日に亡くなった手塚治虫の通夜には行けなかった。3月2日の本葬には、赤塚不二夫、北見けんいちの三人で出席した。

1990年、原作を担当した描き下ろし単行本『カーマスートラ』(作画・永井豪)、『コミック・スウェデンボルグの大霊界 ヴィジョン1』(作画・かきざき和美)が徳間書店より発売される。

1992年に長谷や赤塚の先輩格だった寺田ヒロオが過度な飲酒の末に亡くなる。同じ頃に赤塚のアルコール依存症も進行して漫画活動に支障を来たすようになり長谷はフジオ・プロを退職した[4][5]。退職に至る直接のきっかけは、91年から週刊女性に連載していたリメイク版『へんな子ちゃん』のアイデア会議に呼ばれなくなったことによる。机も私物もそのままで電話で退職を伝えたと本人は語る。

飛鳥新社の『日刊アスカ』の編集部・マンガ班顧問を務めたが、休刊になったのちは単独で仕事をしていた[6]

1997年、冒険社より『ギャグにとり憑かれた男―赤塚不二夫とのマンガ格闘記』を発表。赤塚不二夫との思い出をイラストや漫画を交えて表現した。

1999年、『詩の雑誌 midnight press』にて、ポエトリィ・コミックと題する2ページ漫画の連載を開始。2004年まで、全20回掲載された。

2004年5月に、ノンフィクション小説『漫画に愛を叫んだ男たち トキワ荘物語』を発表。赤塚不二夫に出会ってから、トキワ荘時代とスタジオゼロを経て、全盛期のフジオプロ時代、そして決別に至るまでの出来事を詳細に綴っており、自身による赤塚不二夫論の集大成になり、赤塚ファンや関係者の間で話題になる。

この本の出版をきっかけに、元赤塚番記者の武居俊樹と数十年ぶりに面会し、自身も赤塚との思い出を文章にまとめると伝えられる。これは翌2005年に『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』と題した単行本として発表された。この年は長谷も、赤塚不二夫の生涯を、今度は漫画作品『赤塚不二夫 天才ニャロメ伝』として描き下ろした。

2011年12月には『あるマンガ家の自伝 桜三月散歩道』を発表。半世紀近い漫画家人生を文章で振り返った。

2012年にはトキワ荘時代の棚下照生寺田ヒロオの関係テーマにした、SF・パロディ漫画『伝説 トキワ荘の真実』を発表した。これが最後の単行本作品となる。

続いて自信が漫画家を志すきっかけとなった手塚治虫の「手塚論」の執筆にとりかかっているとブログで報告していたが、2013年4月30日、脳出血で倒れ、以後本人に変わって長男がブログを代筆するようになる(この時点で事実上、活動は終了となった)。11月には特別養護老人ホームに入所していたことが報告された[7]

それから5年ほど動静が途絶えていたが、2018年11月25日、うっ血性心不全のために死去していたことが12月2日に公式サイト及び公式ブログにて報告された[8]。81歳没。報告によると、栃木県高根沢町の特別養護老人ホームに入所していたが、2017年夏頃に痰の吸引が必要となって同町内の病院に移り、誤嚥性肺炎を繰り返し身体の衰弱が進行して亡くなる半年ぐらい前から心不全状態であったという[8]

2017年には、西武池袋線椎名町駅自由通路の「椎名町駅ギャラリー」にて、トキワ荘ゆかりの漫画家の一人として、「長谷邦夫展」が開催されていた。

人物・エピソード編集

  • 生真面目な性格で、赤塚不二夫とはノリが異なっており「理屈っぽいよ」とたびたび嫌な顔をされていた。また、薄いハイボールをちびちび飲むのが精一杯といった下戸であり、そういう面でも赤塚が親密にしていた界隈とは一線を画していた。
  • トキワ荘に出入りしていたころに、石森と赤塚が加入する新漫画党に入党希望していたが、漫画少年の入選も少なく、貸本で仕事をしていただけの長谷は基準を満たして無かったという。
  • 石森と赤塚と三人で昼飯を食いに銀座の鮨屋に入り、大金を請求されて困ったことがある。後年の『まんが道』にもこのエピソードは描かれていて、長谷の代わりに満賀と才野(藤子不二雄)の二人が一緒にいたことになっていた。
  • 『まんが道』における長谷は、石森赤塚が初登場した際に、一緒に挨拶をしていただけの登場にとどまり、『愛…しりそめし頃に…』の最終回に至るまで、二度と出てくることは無かった。もっとも、石森が主宰していた東日本漫画研究会の関連人物は、たとえトキワ荘に居住していたよこたとくおや、後の掲載誌であるビッグコミックの本誌で長年活躍することになる高井研一郎ですら一切登場しない作品ではあるので、その中では優遇されていたことになる。
  • 手塚治虫のCOM誌において、トキワ荘の思い出を関連作家が漫画にする企画に際して、通い組としてはつのだじろうのほかに選ばれたのは長谷だけだった。ここでは滝田ゆうのパロディでトキワ荘の思い出(主に赤塚不二夫らとの思い出)を描いている。
  • 1985年に廣済堂出版より『ニャロメの原子力大研究』と題する東電監修の原発紹介まんがを赤塚不二夫名義で執筆する。科学知識にも明るい長谷としては、原発礼賛まんがにしないという約束で引き受けた仕事だったという。翌年にはチェルノブイリ原発事故が発生した。

主な著書編集

漫画作品編集

パロディ漫画編集

コミカライズ編集

漫画原作編集

アニメ原作編集

  • 究極のSEXYアドベンチャー カーマスートラ(永井豪作画『カーマスートラ』のアニメ化、原作者としてクレジット、東宝ビデオ、1992年)

漫画以外の主な著書編集

その他編集

  • 「まんがNo.1スペシャルエディション」(ディスクユニオン) CD6曲とマンガ冊子

関連作品編集

参考文献編集

  • 『彷書月刊』 2000年6月号(特集 : 長谷邦夫のパロディ漫画) ISBN 4846002330

関連人物編集

脚注編集

  1. ^ 第7回日本作詩大賞
  2. ^ 長谷邦夫『漫画に愛を叫んだ男たち』清流出版、ISBN 4860290755
  3. ^ 長谷邦夫『漫画に愛を叫んだ男たち』清流出版、ISBN 4860290755
  4. ^ 「長谷邦夫先生の思い出」  竹熊健太郎”. 2020年5月19日閲覧。
  5. ^ 長谷邦夫『漫画に愛を叫んだ男たち』清流出版、ISBN 4860290755
  6. ^ 長谷邦夫『赤塚不二夫 天才ニャロメ伝』マガジンハウス、215頁。ISBN 4838716400
  7. ^ “本日退院しました”. 長谷邦夫の日記. http://d.hatena.ne.jp/nagatani/20131115 2018年12月2日閲覧。 
  8. ^ a b “2018-12-02”. 長谷邦夫の日記. http://d.hatena.ne.jp/nagatani/20181202 2018年12月2日閲覧。 

外部リンク編集