メインメニューを開く

長谷部 史親(はせべ ふみちか、1954年4月19日 - )は、日本の探偵・推理小説の評論家東京生まれ。早稲田大学法学部卒。

古書店経営のかたわら、推理小説の評論活動を行う[1]。雑誌幻影城ファンクラブ「怪の会」元会員[2]

1992年『欧米推理小説翻訳史』で日本推理作家協会賞受賞。1994年『日本ミステリー進化論』で大衆文学研究賞受賞。

目次

著書編集

  • 探偵小説談林 六興出版 1988.7
  • 英国『探偵雑誌』総目次・索引 泰西書院 1991.11
  • 欧米推理小説翻訳史 本の雑誌社 1992.5 (活字倶楽部) のち双葉文庫
  • 推理小説に見る古書趣味 図書出版社 1993.1
  • 日本ミステリー進化論 この傑作を見逃すな 日本経済新聞社 1993.8
  • 海外ミステリ歳時記 1994.7 (講談社現代新書)
  • 私の江戸川乱歩体験 広済堂出版 1995.4
  • 海外ミステリ遊歩道 広済堂出版 1996.3
  • ミステリの辺境を歩く アーツアンドクラフツ 2002.12

編著編集

  • 忠臣蔵傑作大全 1992.11 (集英社文庫)
  • 日本ミステリーの一世紀 縄田一男共編 広済堂出版 1995 
  • 斬刃 時代小説傑作選 2005.5 (コスミック・時代文庫)

参考編集

  • 文藝年鑑2007 

脚注編集

  1. ^ 山田風太郎(聞き手:森まゆみ)『風々院風々風々居士』(ちくま文庫)解説(田村治芳)
  2. ^ 2003年解散。