メインメニューを開く

長野 ドラミ(ながの どらみ、1994年7月13日 - )は、日本の元女子プロレスラー長野県出身。身長156cm、体重60kg。

長野 ドラミ
プロフィール
リングネーム 長野 ドラミ
身長 156cm
体重 74kg
誕生日 (1994-07-13) 1994年7月13日(24歳)
出身地 長野県
所属 アイスリボン
トレーナー さくらえみ帯広さやか
デビュー 2011年6月19日
くるみ
引退 2019年3月25日
テンプレートを表示

目次

所属編集

経歴編集

2010年
11月27日、アイスリボン240・川崎大会にて、対都宮ちい戦で「長野レミ」としてエキシデビュー。
2011年
6月15日、アイスリボン299・イサミレッスル武闘館にて、マサ高梨の復帰挨拶中にさくらえみアイアンマンヘビーメタル級王座のベルトを奪う。その後、長野とのエキシビションマッチを行うが、長野がそのエキシ後にベルトを奪取して、みなみ飛香の後押しもあってデビューに繋がった。
6月19日、10代主催興行「Teens」第3回大会で、対くるみ戦で正式デビュー。リングネームを「長野ドラミ」(さくらえみが命名)に改める。
6月25日、アイスリボン302「逆境ナイン」(9人総当り戦1分勝負、全72試合)・イサミレッスル武闘館にて、対成宮真希戦で初勝利。
10月2日米山香織の推薦によりJWPの新人リーグ戦「蒼星杯」公式戦で他団体初参戦。勝愛実に敗れる。
10月10日、JWP東京キネマ倶楽部大会にてCMLLレイディ・アフロディータを相手に蒼星杯第二戦を戦い、ドライングゲットで勝利。
2012年
6月17日北沢タウンホール大会を最後に学業専念のため休業。
2019年
3月25日、復帰に向けての話し合いや調整を行って来たが、本人の口より正式に引退したいとの要望もあり、3月25日をもって引退[1]

人物編集

  • 練習生としては宮城もちより早かったが、デビュー直前に足の怪我等で遅れた。また、アイスリボンや19時女子プロレスでのエキシビジョンでも結果を出せなかったこともあり、デビューが大幅に遅れてしまった。
  • かつてセンダイガールズの練習生だったが挫折してアイスリボンに再入門した経緯を持つ。

得意技編集

ドラドラアタック
「ドラ、ドラ、ドラ、ドラ」と4回叫んでからの串刺し式ボディプレス。
ドライングゲット
ショルダータックル
フライングクロスボディ
ダイビングボディプレス
ダイビングセントーン

タイトル歴編集

  • 第846代アイアンマンヘビーメタル級王座

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 女子プロレス-アイスリボン-official site”. iceribbon.com. 2019年3月30日閲覧。

外部リンク編集