長野・山梨・静岡方言

長野・山梨・静岡方言(ながの・やまなし・しずおかほうげん)またはナヤシ方言(なやしほうげん)は方言区画論で用いられる区分で、長野県山梨県静岡県で話される日本語の方言の総称である。

目次

概要編集

本方言は東海東山方言のひとつで、東日本方言に属すが、一部で西日本方言の要素もみられる。全体に共通する特徴に推量・意志・勧誘の助動詞として「未然形+ず・す」(古語の「むず」に由来)や「終止形+ら・ずら」が用いられる。音韻・アクセントもほぼ均質である。ただし言語島の井川方言奈良田方言秋山郷方言は特殊な語法や音声が存在し、周辺と大きく異なる。

下位区分編集

アクセント編集

アクセント体系は、言語島部分を除く全地域が東京式アクセントに属し、その中の大半は中輪東京式に分類されるが、北信地方と南信地方最南端部、遠州西部に於いては外輪東京式となる。さらに湖西市や井川方言との隣接部では型の少ない東京式が用いられる。言語島の井川方言は無型アクセント、奈良田方言は特殊なアクセントである。

文法編集

東西の要素編集

東日本方言の特徴として、全地域で断定「だ」、ワ行四段動詞連用形の促音便、形容詞連用形ク接続が用いられる。西日本方言の特徴として長野県南信方言、山梨県国中方言、遠州方言で否定「ん」を用い、南信方言と新居方言では存在動詞「おる」を用いる。その他の地域は東日本要素の否定「ない」、存在動詞「いる」である。

ず・す、ら・ずら編集

推量・意志・勧誘の助動詞として「未然形+ず・す」、「終止形+ら・ずら」はナヤシ方言を特徴づける最大の文法要素である。

推量は広い地域で「…ずら」「…」が用いられる。「ら」は「らむ」に由来するが、「ずら」の語源は不明である。「ずら」は用言、体言両方に用いるが、「ら」は用言のみに用いる。「雨だろう」は「雨ずら」、「赤いだろう」は「赤いずら」「赤いら」、「行くだろう」は「いくずら」「いくら」となる。長野県北信では「…ずら」は用いられず「…であらむず」が変化した「…だらず」を用いる。(「雨だらず」「行くだらず」)。静岡県富士川以東では関東要素の「…だべー」を併用し(「雨だべー」)、伊豆方言では「…だろう」を多く用いる(「雨だろう」)。近年はこれらの表現も共通語化が進んでおり、静岡県の中若年層では「…ずら」に代わって三河方面から広がった「…だらあ」が多用される。

意志は「…むず(か)」が変化した形を用いる。例えば「行こうと思う」という場合、長野県で「いかずと…」や「いかっと…」、山梨県で「いかっかと…」、静岡県で「いかず(か)と…」「いかす(か)と…」「いかっ(か)と…」となる。ただし静岡県富士川以東では「…べー」を併用し(「いくべーと…」)、伊豆方言では「…う」を用いる(「いこうと…」)。

勧誘は基本的には「…むず(わ/か)」が変化した形を用いる。「行こう(か)」は「いかざあ」、「いかず(か)」、「いかっ(か)」などとなる。長野県で「いかず(か)」、山梨県では「いかざあ」や変化した「いかだあ」を専ら用いる傾向がある。ただし静岡県富士川以東では「いくべー」を併用し、伊豆方言では「いこう(か)」を多く用いる。西遠州方言や南信方言では岐阜・愛知方言に特徴的な「…まいか」を用いる。(「いかまいか」)。また長野県では「いかんか」「いかねか」「いくじゃねーか」などともいう。

断定「行くだ」・疑問「行くだ?」編集

ほぼ全域で「…のだ」という意味での強調で「行くだ」「赤いだ」のように用言に直接「だ」を付ける用法がある。 「これから行く」(これから行くんだ)。また疑問の「…のか?」という意味でも「行くだ?」「赤いだ?」という用法がある。このように準体助詞を用いない用法は愛知県の三河弁、知多弁にも存在する。

関連項目編集

参考文献編集

  • 大野晋、柴田武編『岩波講座 日本語11方言』岩波書店、1977年
  • 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編(1983)『講座方言学 6 中部地方の方言』国書刊行会
  • 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座』(全4冊),東京:東京堂