長野助盛

戦国時代の武将

長野 助盛(ながの すけもり)は戦国時代の武将。秋月文種の子。豊前国京都郡馬ヶ岳城主。

 
長野助盛
時代 戦国時代
生誕 1550年
死没 1611年
改名 秋月種信→長野助盛
別名 三郎左衛門
主君 毛利隆元大友義鎮島津義久
氏族 秋月氏長野氏
父母 父:秋月文種 養父:長野胤盛
兄弟 秋月晴種秋月種実高橋種冬助盛原田親種
長野永盛田原親貫
テンプレートを表示

生涯編集

豊前国国人である秋月文種の子として生まれる。その後長野氏の名跡を継いだとされる。

弘治3年(1557年)に父の文種が自害すると、兄の秋月種実とともに再起を図り、行動をともにする。永禄8年(1565年)には大友宗麟の軍に居城小三岳城を攻撃され降伏した。この際に子の親貫が田原氏に養子に入った。永禄11年には今度は毛利氏の攻撃を受ける。

天正11年(1583年)には馬ヶ岳城に入城した。同15年の豊臣秀吉九州征伐時にはこの城が秀吉の本陣となり[1]、助盛は兄の種実と対峙することとなった[2]

子の永盛は筑後国に国替えとなったのち、大坂の陣で戦死している。

脚注編集