長野県企業局

長野県企業局
長野県庁本庁舎
長野県企業局が入る長野県庁本庁舎
種類 地方公営企業
本社所在地 日本の旗 日本
380-8570
長野県長野市大字南長野字幅下692番地2
長野県庁本庁舎7階
設立 1961年昭和36年)4月1日
業種 電気・ガス業
事業内容 電気事業、水道事業
代表者 山本浩司(公営企業管理者)
従業員数 113人(2011年4月1日時点)
外部リンク http://www.pref.nagano.jp/kigyou/kashokai.htm
テンプレートを表示

長野県企業局(ながのけんきぎょうきょく)は、長野県地方公営企業である[1]水道事業、電気事業(卸供給事業者、旧みなし卸電気事業者)を行っている。

目次

概要編集

長野県の地方公営企業としては、1961年(昭和36年)4月1日に発足した。企業局発足以前に開始した公営の電気事業が起源となる。発足後は、電気事業の他に有料道路などの公営事業を行ってきた。事業移管や公営事業の民営化などを経て、現在は電気事業と水道事業を行う公営企業である。

電気事業編集

1958年に開始した事業で、現在3つの直轄ダムと14か所の水力発電所を保有しており、発電した電力はすべて中部電力に卸している。

発電所・ダム編集

数字はいずれも最大出力数(認可出力数、kW)。

天竜川水系(三峰川
天竜川水系(その他)
  • 西天竜発電所 3,600kW - この発電所は廃止予定だったが、改修して存続させることになった[2]
  • 与田切発電所 6,300kW
天竜川水系(小渋川)
  • 四徳発電所 1,800kW
  • 小渋第一発電所 3,000kW(小渋ダム、国土交通省管轄)
  • 小渋第二発電所 6,500kW(同上)
  • 小渋第三発電所 550kW(同上)
  • 大鹿発電所 3,000kW
  • 大鹿第二発電所 5,000kW
木曽川本流
千曲川水系(神川)
犀川水系(裾花川)

水道事業編集

企業局の水道事業は、長野地域での上水道事業と松本地域での水道用水事業があり、各地域に水道水が供給されている。

上水道事業編集

水道用水事業編集

過去の事業編集

ガス事業編集

1963年に都市ガス事業を開始したが、2005年4月1日に東京ガスなどと共同出資し、長野都市ガスを設立[3]2006年7月1日に都市ガス事業を長野都市ガスに譲渡した。

住宅事業編集

発足時からの事業で、長野県営住宅の供給事業を行ったが、1969年(昭和44年)6月1日付で長野県住宅部へ事業を継承した。

用地開発事業編集

発足時からの事業で、若槻団地をはじめとする団地の開発を312か所で行ったが、1981年(昭和56年)11月1日付で長野県住宅部および長野県住宅供給公社へ事業を継承した。

有料道路事業編集

1963年から有料道路の整備事業を6路線で行ってきたが、企業局が整備した道路(大町有料道路など)は長野県道路公社や長野市へ道路管理を移管した。

観光施設事業編集

保健休養地の整備やホテル運営などを行ってきたが、整備関係の市町村へ事業を譲渡したことにより、2008年(平成20年)3月で事業が終了した。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集