メインメニューを開く

北緯36度38分8.4秒
東経138度11分12.3秒

ホクト文化ホール
Hokto Cultural Hall

Naganoken Kenmin Bunka kaikan entrance.jpg

情報
正式名称 長野県県民文化会館
完成 1983年
開館 1983年4月1日
収容人員 1,971席(大ホール)984席(中ホール)300名(小ホール)人
客席数 該当項目参照
延床面積 22,283m²
用途 コンサート演劇
運営 (一財)長野県文化振興事業団
所在地 380-0928
長野県長野市若里一丁目1番3号
位置 北緯36度38分8.4秒 東経138度11分12.3秒 / 北緯36.635667度 東経138.186750度 / 36.635667; 138.186750座標: 北緯36度38分8.4秒 東経138度11分12.3秒 / 北緯36.635667度 東経138.186750度 / 36.635667; 138.186750
アクセス 該当項目参照
外部リンク 長野県県民文化会館
建物正面

長野県県民文化会館(ながのけんけんみんぶんかかいかん)は、長野県長野市若里にある多目的ホール。愛称はホクト文化ホール(ホクトぶんかホール)。若里公園に隣接する[1]

目次

概要・沿革編集

1983年に開館。開館前年の1982年にはオーストリア共和国でウィーン楽友会館(文化会館同士の提携であるとして、長野県県民文化会館側が表記しているが、「ウィーン楽友会館」というホールは存在しない:ウィーン楽友協会を参照)と姉妹提携を行っている。姉妹提携事業として毎年9月にはウィーンから音楽家を招きセミナーと演奏会を行っている。また姉妹提携先であるウィーン楽友協会からの進言に基づき、アマチュア演奏家を中心とした長野フィルハーモニー管弦楽団を組織。付属オーケストラとして育成を行っている。

長野県が2005年に指定管理者制度導入施設として、その管理を一般公募した。結果、運営は長野県文化振興事業団が行っている。2006年から管理受託期間は3年である。

命名権(ネーミングライツ)の売却により、2009年4月1日から愛称を「ホクト文化ホール」とすることが決定した。当初は2012年3月31日までの3年間とされていたが、2012年4月1日からの5年契約を更新し、さらに2017年4月1日から5年契約を再び更新したため、2022年3月31日まではこの愛称が使用される予定となっている[2]

2012年、公募によりトロンボーン奏者の金澤茂が館長に就任した[3]

2018年1月、大ホールおよび中ホールの大規模改修工事を開始。

2018年8月1日、リニューアルオープン。耐震化の他、座席幅を約4cm拡大し、後列視界確保のために千鳥配列に改修。これにより座席数は 大ホール1971席、中ホール984席となる[4]

施設・客席数編集

  • 大ホール:1971席
  • 中ホール:984席
  • 小ホール:300席
  • 展示室
  • 会議室(4室)

所在地編集

  • 〒380-0928 長野県長野市若里一丁目1番3号

交通アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集