長野県道29号中野豊野線

日本の長野県の道路

長野県道29号中野豊野線(ながのけんどう29ごう なかのとよのせん)は、長野県中野市から信州中野インターチェンジを経由して長野市に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
長野県道29号標識
長野県道29号 中野豊野線
主要地方道 中野豊野線
起点 中野市新井【地図
終点 長野市豊野町蟹沢【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0292.svg 国道292号
Japanese National Route Sign 0403.svg 国道403号
上信越自動車道
Japanese National Route Sign 0117.svg 国道117号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

中野市七瀬の七瀬交差点から信州中野IC入口交差点に至る、志賀中野有料道路を含む支線(バイパス)がある。

概要編集

長野県中野市新井の新井交差点(国道292号交点)から、上信越自動車道信州中野インターチェンジを経由して長野市豊野町蟹沢の立ヶ花橋西交差点(国道117号交点)に至る。

中野市と旧豊野町とを結ぶ東西の路線である。有料道路を含む支線(バイパス)については志賀中野有料道路を参照。

沿道に上信越自動車道信州中野インターチェンジができてからは、インターチェンジのアクセス道路になっている。

路線データ編集

  • 路線認定[1]
    • 起点:中野市
    • 終点:長野市豊野町(認定当初は上水内郡豊野町[2]
    • 重要な経過地:なし
  • 道路の区域[3]
    • 起点:中野市大字一本木字桜町26番の1地先(新井交差点、国道292号交点)
    • 終点:長野市豊野町蟹沢字日影1341番の1地先(立ヶ花橋西交差点、国道117号交点)
    • 実延長:9.7494 km
  • 道路法第7条第1項該当号:1号[4]

歴史編集

  • 1959年(昭和34年)8月1日:中野豊野線の認定[2]
  • 1964年(昭和39年)12月28日:建設省から中野豊野線の一部を主要地方道へ指定される[5]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道中野豊野線が中野豊野線として主要地方道に再指定される[6]

路線状況編集

別名編集

主要構造物編集

支線(バイパス)区間内のものについては志賀中野有料道路を参照。

  • 立ヶ花橋(たてがはなばし=中野市立ヶ花 - 長野市豊野町蟹沢)
    • 全長:223m
    千曲川に架かる橋梁。初代は1926年大正15年)の竣工。現在使われている2代目は1993年平成5年)に架けられた。初代・2代目ともトラス橋である。[要出典]

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
中野市大字中野付近

支線編集

  • 国道292号 一本木バイパス・国道403号(中野市七瀬・七瀬交差点、支線起点・有料区間起点)
  • 長野県道505号三水中野線(中野市栗林・志賀中野有料道路 栗林IC、有料区間終点)
  • 上信越自動車道 信州中野インターチェンジ・長野県道29号中野豊野線(中野市立ヶ花・信州中野IC入口交差点、支線終点)

沿線にある施設など編集

周辺には、千曲川などがある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 長野県報第2254号 長野県告示第212号
  2. ^ a b 昭和34年長野県告示第486号
  3. ^ 長野県道路現況平成23年
  4. ^ 長野県道路現況平成12年
  5. ^ 昭和39年建設省告示第3620号
  6. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集

外部リンク編集