メインメニューを開く

長野県道34号長野菅平線

日本の長野県の道路

長野県道34号長野菅平線(ながのけんどう34ごう ながのすがだいらせん)は、長野県長野市の市街地から上田市菅平高原に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
長野県道34号標識
長野県道34号 長野菅平線
主要地方道 長野菅平線
起点 長野市地図
終点 上田市地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0019.svg 国道19号
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道58号標識
長野県道58号長野須坂インター線
Japanese National Route Sign 0018.svg 国道18号
Japanese National Route Sign 0403.svg 国道403号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

長野市菅平高原とを、若穂保科を経て結ぶ路線である。

長野市街地の西縁を走る国道19号県庁通り)交点(岡田町交差点)を起点とし、長野市街地を東に進む。長野市のメインストリートである中央通り交点(かるかや山前交差点)から長野大通り交点(南千歳町交差点)までの区間は錦町通り1903年明治36年)開通)と呼ばれており、沿道にはブティックなどが軒を連ねる。この区間は駐車監視員活動の重点路線となっている(長野中央警察署管轄)。

長野大通りを越えると、車の流れは長野駅東口方面へと続く4車線のアンダーパス(都市計画道路山王栗田線)へと向かうが、本路線はその側道である終日一方通行(東行き)の街路へと進む。長野都市ガスのガスタンクを眺めつつ、長野県内初のガードといわれる七瀬ガードでしなの鉄道北しなの線をくぐる。七瀬ガードを過ぎると、1.5車線の狭さで七瀬商店街を抜ける。この区間は時間帯により一方通行(東行き)となる。

七瀬商店街より先は2車線路となり稲葉大豆島の住宅街を通り抜けていく。この区間は歩道が断続的にしかない割に大型車の通行が多く、歩道の整備が徐々に進められている。また緩やかにS字カーブを描く線形となっているため、ほぼ一直線の道路に改良することが都市計画決定されている。

五輪大橋有料道路を過ぎると、落合橋で千曲川犀川をひとまたぎにする。落合橋より先は若穂保科の山間を保科川に沿って進む。保科温泉を過ぎるといよいよ道は険しくなり、1.5車線幅となって長野・上田市境に至る。

長野・上田市境は、冬期通行止(後述)・通年大型車通行止となる難所である。

路線データ編集

  • 路線認定[1][2]
    • 起点:長野市
    • 終点:上田市真田町
    • 重要な経過地:なし
  • 道路の区域[3]
  • 道路法第7条第1項該当号:4号[4]

歴史編集

 
長野市街地の国道・県道指定の変遷

路線状況編集

別名編集

  • 錦町通り(かるかや山前交差点・南千歳町交差点間)
  • 七瀬通り(七瀬交差点・七瀬南部交差点間)
  • 東通り(七瀬南部交差点・南部小学校北交差点間)

重複区間編集

冬期通行止区間編集

  • 長野市若穂保科持者 - 長野市・上田市境:5.4 km
    この区間は通年大型車通行止となっている。

道路施設編集

 
落合橋の途中にある落合橋中央交差点
  • 落合橋(おちあいばし=長野市大豆島 - 若穂牛島
    千曲川犀川合流点に架かる橋梁。現在の橋は1966年昭和41年)開通。2本の川をひとまたぎにする、長野県内で3番目に長い橋である(平成18年現在。完成当時は県内最長であった)。橋のほぼ中央で犀川右岸の堤防道路と接しており、橋の途中に信号交差点(落合橋中央交差点)がある。

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

長野市編集

上田市編集

  • 菅平交差点(菅平高原=終点)

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 長野県報第2254号 長野県告示第212号
  2. ^ a b 長野県報第2961号 平成30年3月29日長野県長野建設事務所告示第2号
  3. ^ 長野県道路現況平成23年
  4. ^ 長野県道路現況平成12年
  5. ^ 昭和30年長野県告示第71号
  6. ^ 昭和39年建設省告示第3620号
  7. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  8. ^ 最寄の大豆島小学校は343m、真島小学校は350m

関連項目編集