メインメニューを開く

長野県道63号松本塩尻線

日本の長野県の道路

長野県道63号松本塩尻線(ながのけんどう63ごう まつもとしおじりせん)は、長野県松本市から塩尻市に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
長野県道63号標識
長野県道63号 松本塩尻線
主要地方道 松本塩尻線
起点 松本市深志【地図
終点 塩尻市大門五番町【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0143.svg 国道143号
Japanese National Route Sign 0020.svg 国道20号
Japanese National Route Sign 0153.svg 国道153号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

長野県松本市で国道143号との深志二丁目交差点を起点とし、松本盆地の東側山沿いを南下、塩尻市に入ると集落の中を走り、国道20号塩尻バイパス)との交差を経て、国道153号との日ノ出町交差点を終点とする。

松本市街地を抜けて塩尻市街地まで信号が少なく、道路も整備されている。塩尻市片丘の集落付近は道路が狭く見通しが悪いところがある。

路線データ編集

歴史編集

  • 1982年(昭和57年)4月1日建設省が宮村六道松本線、新茶屋塩尻線の一部を主要地方道松本塩尻線へ指定[1]
  • 1982年(昭和57年)9月13日:松本塩尻線の認定。
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道松本塩尻線が松本塩尻線として主要地方道に再指定される[2]

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
深志二丁目交差点(起点)
 
あがたのもり公園交差点
 
あがたの森図書館(旧松本高等学校本館)

沿線にある施設など編集

路線沿いには松商学園高校牛伏寺馬場家邸宅跡などがある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和57年建設省告示第935号
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集