長門 美保(ながと みほ、1911年(明治44年)6月23日 - 1994年(平成6年)11月11日)は福岡県北九州市出身のソプラノ歌手。

長門 美保
生誕 1911年6月23日
出身地 日本の旗 日本福岡県北九州市
死没 (1994-11-11) 1994年11月11日(83歳没)
学歴 東京音楽学校卒業
ジャンル オペラ
職業 声楽家
活動期間 1933年 - 1994年

経歴編集

幼時をドイツで過ごす。東京音楽学校在学中にマーラー交響曲第二番のソリストとなる。1933年同校を卒業。ネトケ=レーヴェに師事[1]。1934年の第3回日本音楽コンクールで第1位に入賞し、ドラマチック・ソプラノとして藤原歌劇団の「ローエングリン」「フィデリオ」などにフリーで主演し声楽家として活躍。1939年(昭和14年)には、永田絃次郎と「愛馬進軍歌」を吹き込み大ヒットする。同年、永田絃次郎と「出征兵士を送る歌」も吹き込み、こちらも大ヒットする。

戦後は夫の鈴木雄詞と長門美保歌劇団を結成、1946年11月「蝶々夫人」で旗あげ公演を行った。訳詩・演出も手掛け、東欧圏のオペラや「ミカド」をはじめとする大衆に親しみやすいオペレッタの紹介などオペラ運動に邁進。ヨーロッパ各国から数々の勲章を受章する。1954年の第5回と1955年の第6回NHK紅白歌合戦に出場し、第6回紅白は長門の歌のラジオ中継の音声が現存する。

1994年(平成6年)死去。享年83。

主な舞台出演編集

  • 『リンドバーグの飛行』(1935年5月27日、軍人会館[2]
  • シューベルトの恋』街の歌手(1935年6月7-30日、有楽座[3]
  • ヴォーカル・フォア公演『道化師』ネッダ(1938年5月10日、日比谷公会堂[4][5]
  • 藤原歌劇団公演『ボエーム』ミミ(1940年2月26・27日、歌舞伎座[6][7]
  • 日本楽劇協会公演『夜明け』お吉(1940年11月28-30日・12月1日、東京宝塚劇場、41年6月27~29日再演[8][9]
  • 藤原歌劇団公演『ローエングリン』エルザ(1942年11月23-29日、歌舞伎座)[10][11]
  • 藤原歌劇団公演『西浦の神』トレシマチ(1943年5月28-30日、歌舞伎座)[12][13]
  • 藤原歌劇団公演『フィデリオ』レオノーレ(1943年12月27・28日、歌舞伎座[14]、44年2月27日に大阪・北野劇場で再演)[15]
  • 長門美保歌劇研究所公演『蝶々夫人』蝶々さん(1946年11月2・3日、東京劇場[16][17]
  • 長門美保歌劇研究所公演『魔弾の射手』アガーテ(1947年9月2-8日、東京劇場)[18][19]
  • 長門美保歌劇研究所公演『ミカド』ヤムヤム(1948年1月29-31日・2月2・3日、日比谷公会堂)[20][21]
  • 長門美保歌劇研究所公演『蝶々夫人』蝶々さん(1948年8月28日-9月3日、東京劇場)[22]
  • 長門美保歌劇研究所公演『ミカド』ヤムヤム(1948年12月25-28日、東京劇場)[23][24]
  • 長門美保歌劇研究所公演『泥棒とオールドミス』レティーシャ(1949年2月4-10日、新橋演舞場[25][26]
  • 長門美保歌劇研究所公演『フィデリオ』レオノーレ(1949年2月12-24日、新橋演舞場)[27][28]
  • 長門美保歌劇団公演『蝶々夫人』蝶々さん(1950年4月9・16・23日、日比谷公会堂)[29][30]
  • 長門美保歌劇団公演『ミカド』ヤムヤム(1951年7月1-3日、大阪・北野劇場、4日神戸松竹座)[31]
  • 長門美保歌劇団公演『ミカド』ヤムヤム(1951年9月21-23日、日比谷公会堂)[32]
  • 長門美保歌劇団公演『ミカド』ヤムヤム(1952年2月7日・3月20日、アーニー・パイル劇場[33]
  • 長門美保歌劇団公演『蝶々夫人』蝶々さん(1952年5月15・16日、アーニー・パイル劇場)[34]
  • 長門美保歌劇団公演『カルメン』カルメン(1952年7月31日・8月1日、アーニー・パイル劇場)[35]
  • フィガロの結婚』伯爵夫人(1952年10月27-29日、歌舞伎座、11月3日日比谷公会堂で再演)[36]
  • 長門美保歌劇団公演『蝶々夫人』蝶々さん(1954年1月15日、日本青年館ホール)
  • 長門美保歌劇団公演『ミカド』ヤムヤム(1955年5月1-5日、産経ホール
  • 大阪労音4月例会・長門美保歌劇団公演『泥棒とオールド・メイド』レティシア『電話』ルーシー(1956年4月11-24日、毎日会館、尼崎文化会館)
  • 藤原歌劇団公演『パリアッチ(道化師)』ネッダ(1957年5月30・31日、日比谷公会堂)
  • コンセールfオペラ公演『泥棒とオールドミス』レティシア(1957年12月19・20日、読売ホール
  • 長門美保歌劇団公演『髭櫓』お花『人待つ女』里の女/井筒の霊(1958年11月8・9日、九段会館ホール)
  • 長門美保歌劇団公演『ルサルカ』ルサルカ(1959年11月24-27日、社会事業会館ホール)

NHK放送歌劇出演編集

  • 1947年2月20日放送『かぐや姫』[37]
  • 47年4月29日放送『懐かしのウィーン』[37]
  • 47年5月19日放送『魔弾の射手』アガーテ[37]
  • 1948年9月5日放送『蝶々夫人』蝶々さん[37]
  • 48年10月31日放送『ミカド』ヤムヤム[38]
  • 1949年2月3日放送『泥棒とオールドミス』レティーシャ[38]
  • 49年3月19日放送『フィデリオ』レオノーレ[38]
  • 49年10月9・16日放送『軍艦ピナフォア』ジョセフィン[39]

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 対戦相手
1954年(昭和29年)/第5回 松島音頭 藤原義江
1955年(昭和30年)/第6回 ハバネラ

受章編集

脚注編集

[脚注の使い方]