長髪大怪獣ゲハラ

長髪大怪獣ゲハラ』(ちょうはつだいかいじゅうゲハラ)は、2009年に制作された日本の特撮映画[1]

長髪大怪獣ゲハラ
監督 田口清隆
脚本 みうらじゅん
原案 根本真弥
製作 松野拓行
製作総指揮 樋口真嗣
出演者 大沢健
藤井美菜
丘みつ子
ピエール瀧
田口トモロヲ
渡辺裕之
津田寛治
佐野史郎
音楽 伊福部昭
撮影 村川聡
編集 佐藤敦紀
制作会社 イマージュ
製作会社 日本放送協会
公開 劇場未公開
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

2008年4月にNHKのテレビ番組『テレ遊びパフォー!』で、怪獣デザインコンテストでグランプリに選ばれた「長髪大怪獣ゲハラ」を映像化したもの。2009年2月24日深夜に番組内で放送された後、同年3月の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で上映され、市民賞を受賞した。

美術はマーブリング・ファインアーツが担当し、建物のミニチュアには同社の所有物が使われた[2]。正味15分(後述のディレクターズカット版でも21分)という短編だが、裏話によれば『NHKスペシャル』1本分の予算が投じられたという。それでも予算面での制約はあったため、ゲハラの金沢進撃シーンではいわゆる「石膏壊し」と呼ばれるミニチュア破壊シーンを極力抑えた描写になっている。

放送後には、CGパートを加えて再編集したディレクターズカット版が制作された[2]

長髪大怪獣 ゲハラ編集

  • 体長:45.8メートル
  • 体重:計測不能

全身が長い毛で覆われた怪獣。名前の由来は「禿げ」から。山奥にある「毛覇羅神社」で長年封印されていたが、封印が解かれたために復活する。毛がクッションの役割を果たすために砲撃を寄せ付けず、被弾した個所や剥離した破片から毒ガス並みの異臭を放つ。また、ゲハラに襲われた人間は何故か頭髪を失っている。

日本海で操業していた漁船「友郎丸」を襲撃した後、能登半島北部に上陸して送電線などを破壊しながら南下し、金沢市内に入って市街地を蹂躙したが、防衛隊に撃退され、山に帰って倒されたところを宇宙人に捕えられる。本編終了後に流れた偽予告編『ゲハラ完結編 怪獣戒厳令』では、地球侵略を企む宇宙人にコントロールされ、東京を襲撃する。

登場兵器・メカニック編集

気体渦動展開装置〈フージン〉
防衛隊科学班が開発した新型兵器。見た目は大きな扇風機で、履帯付きの四脚の上に設置されている。生じさせられる最大風速は120m/s。ゲハラが放つ体臭を吹き飛ばしただけではなく、砲弾が貫通しやすいゲハラの頭部を風圧で露出させ、戦車隊による攻撃を支援した。
ミニチュアには扇風機をそのまま使用し、支柱にタラップを取り付けるなどしてスケール感を出している[2]
74式戦車
金沢市に展開した防衛隊の主力兵器。実在する兵器であるが、撮影にはタイヨーラジコン戦車「R/Cバトルタンク」シリーズのものが使用されており、実車とは形状が異なる。また、『ゲハラ完結編 怪獣戒厳令』の予告編には90式戦車も登場している。
89式5.56mm小銃AR-15自動小銃
双方ともに実在する自動小銃。防衛隊の普通科部隊がゲハラに対して使用している。
F-2
実在する戦闘機。防衛隊機として登場し、金沢市の市街地から山中へと逃走したゲハラを爆撃する。登場した機体はCGで描かれている。

キャスト編集

スタッフ編集

映像ソフト編集

2009年9月30日にBDDVDキングレコードから発売された。ディレクターズカット版を本編とし、映像特典に『テレ遊びバフォー!』での放映回を収録している[2]

脚注編集

  1. ^ ネオ・ウルトラQ:田辺誠一らメーンキャスト決定 47年後が舞台の新シリーズ” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2020年5月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 「宇宙船vol.128特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2010」『宇宙船』vol.128(2010.春号)、ホビージャパン、2010年4月1日、 別冊p.30、 ISBN 978-4798600277