メインメニューを開く

門上 千恵子(かどがみ ちえこ、1914年12月8日[1] - 2007年8月6日)は、愛媛県出身の弁護士日本における初めての女性検事門上チエ子門上チヱ子とも表記する。旧姓、福枡[1]論理学東京経済大学名誉教授である門上秀叡は夫[1]。三男の門上光照京都造形芸術大学芸術学部教授

目次

経歴編集

愛媛県伊予郡松前町で米屋の長女として生まれる[1]。松山高等女学校(現・愛媛県立松山南高等学校)から広島県立女子専門学校(現・県立広島大学)国文科を経て、1939年九州帝国大学法文学部法律学科卒業[1]。在学中、1937年にはローマ法の研究で帝国学士院から賞を受ける[1]。林野高等女学校(現・岡山県立林野高等学校)の英語教諭を経て、1940年に九州帝国大学へ戻り、1944年まで法律学研究室の副手(のち助手)として勤務[1]。この間、1943年、現在の司法試験にあたる高等文官試験司法科試験に合格し上京[1]1944年、結婚により門上姓となる[1]。戦前の日本では女性の任検が認められていなかったが、戦後、1949年11月15日東京地方検察庁に任検。日本における女性検事第1号となる。1950年10月7日、婦人人権擁護同盟の結成に参加。

千葉地方検察庁を経て東京地方裁判所に公判検事として勤務。

1962年2月7日放送のクイズ番組「それは私です」(NHK総合テレビジョン)に出演[2]

主に少年事件を担当していたが、1964年7月、三鷹市下連雀の自宅で高校生の長男が、同じく高校生の次男の頭をで割って殺害。この事件の責任を取り、検事を辞任。

のち市川房枝の奨めを受けて、1965年弁護士登録。東京都新宿区で門上チエ子法律事務所を開業。スーパーフリー事件の公判では主犯の弁護人を務めた。その他、覚醒剤の自己使用で起訴されたミュージシャン岡村靖幸の裁判(2005年)でも弁護人を担当するなど、90歳を過ぎても現役の弁護士として活動していたが、2007年8月、大腸癌のため東京都内の自宅で死去した[3]

著書編集

  • 『愛は法をこえて』(東西文明社、1952年
  • 『女性犯罪』(春秋社、1952年

関連文献編集

  • 『女たちの20世紀・100人 ―姉妹たちよ』(集英社、1999年)

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 白梅学園の先駆者たち⑲門上千恵子 - 女性法律家のパイオニア
  2. ^ NHK. “それは私です” (日本語). テレビ60年 特選コレクション | NHKアーカイブス. 2019年1月20日閲覧。
  3. ^ 門上チヱ子さん死去(日本初の女性検事、弁護士)