メインメニューを開く

門下省

三省六部のひとつ

門下省(もんかしょう)は、中国以後に設置された中央官庁の名称である。

南北朝時代を通して設置され、代でも設けられ、代に廃止された。

その職掌は、臣下の上程した上奏文の審議および、中書省の起草になる詔勅の審議である。門下省の審議を経て承認を与えたもの以外は発効することがなく、その権限は非常に強かった。

その長官である侍中には、名流である門閥貴族出身者が任命された。南朝では、中書令と共に宰相の権限を与えられた。北朝でも、各省中において最も尊重された。

唐代でも、中書省・尚書省とともに「三省」を構成したが、次第に実権を喪失していき、中書省に権限を吸収され、その機能を同中書門下平章事に合併された。宋代では中書門下の職掌を併合した政事堂が設置され、宰相の職務を行使するようになった。