門倉啓太

日本の将棋棋士

門倉 啓太(かどくら けいた、1987年6月3日 - )は、将棋棋士石田和雄九段門下。棋士番号は282。東京都豊島区出身。成蹊大学経済学部卒業[1]。既婚[2]

 門倉 啓太 五段
名前 門倉 啓太
生年月日 (1987-06-03) 1987年6月3日(37歳)
プロ入り年月日 2011年4月1日(23歳)
棋士番号 282
出身地 東京都豊島区
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 石田和雄九段
段位 五段
棋士DB 門倉 啓太
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
2019年8月19日現在
テンプレートを表示

棋歴

編集

小学校3年生の時、知り合いのアマチュア強豪に教わり、将棋を始める[3][1]。三段リーグには11期在籍[1]。2010年度後期奨励会三段リーグ最終日は昇級争い上位の12勝4敗で迎えることとなったが、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)のため、対局日が同年3月12日から同年3月23日に延期された[4]。そして当日は1敗後の最終局で勝利し、13勝5敗・1位で四段昇段(プロ入り)を決めた。プロ入り後、第62回NHK杯戦で予選を突破し、対局者として本戦出場を果たす。1回戦では深浦康市に対し、得意の三間飛車で挑んだが敗れた。2017年3月2日、第75期順位戦C級2組で9勝1敗の2位となり、C級1組昇級が決まった。第4回(2019年度)YAMADAチャレンジ杯でベスト4進出。2019年8月18日の公開対局にて、準決勝で藤森哲也、決勝で井出隼平を破り、棋戦初優勝を果たした[5]

棋風

編集

得意戦法は振り飛車[3][3]。先手番では初手▲7八飛戦法を得意としている[6]。実戦での採用のほか、「猫だまし戦法(初手の革命 7八飛車戦法)」として「将棋世界」2013年10月号で解説している。

またプロ棋士として同じ振り飛車党である藤井猛を尊敬しており、藤井が升田幸三賞を受賞した戦法である角交換四間飛車も積極的に採用している。

人物

編集

昇段履歴

編集
  • 2000年08月00日 - 6級 = 奨励会入会
  • 2003年09月00日 - 初段
  • 2005年04月00日 - 三段(第38回奨励会三段リーグ<2005年度後期>より三段リーグ参加)
  • 2011年04月01日 - 四段(第48回奨励会三段リーグ成績1位) = プロ入り[3]
  • 2016年11月17日 - 五段(勝数規定 /公式戦100勝、通算100勝98敗)[13]

主な成績

編集

一般棋戦優勝

編集

在籍クラス

編集
順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組 決勝
T
1組 2組 1組 2組
2011 70 C243 5-5 25 6組 -- 2-2
2012 71 C223 4-6 26 6組 -- 4-2
2013 72 C230x 3-7 27 6組 -- 3-2
2014 73 C240* 4-6 28 6組 -- 5-2
2015 74 C236* 4-6 29 6組 -- 5-2
2016 75 C237* 9-1 30 6組 -- 1-2
2017 76 C130 4-6 31 6組 -- 3-2
2018 77 C125 3-7 32 6組 -- 1-2
2019 78 C131x 2-8 33 6組 -- 3-2
2020 79 C137* 5-5 34 6組 -- 2-2
2021 80 C122+ 7-3 35 6組 -- 5-1
2022 81 C107 5-5 36 5組 -- 2-2
2023 82 C111 5-5 37 5組 --
2024 83 C117 38 5組 --
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/PO含まず)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

年度別成績

編集
公式棋戦成績
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2011 34 22 12 0.6470 [1]
2012 38 19 19 0.5000 [2]
2013 34 14 20 0.4117 [3]
2014 39 20 19 0.5128 [4]
2015 28 12 16 0.4285 [5]
2016 34 20 14 0.5882 [6]
2017 30 11 19 0.3666 [7]
2018 31 13 18 0.4193 [8]
2019 32 13 19 0.4062 [9]
2020 34 16 18 0.4705 [10]
2011-2020
(小計)
334 160 174
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2021 33 20 13 0.6060 [11]
2022 30 15 15 0.5000 [12]
2023 32 17 15 0.5312 [13]
2021-2023
(小計)
95 52 43
通算 429 212 217 0.4941 [14]
2023年度まで

出演

編集

ウェブテレビ

編集

テレビドラマ

編集

ゲーム

編集

脚注

編集
  1. ^ a b c 大人気! 将棋教室入門編 | プラスワン教育”. sts.riso-plus1.co.jp. 2021年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月17日閲覧。
  2. ^ a b 門倉啓太Twitter 2016年10月30日”. 2020年12月22日閲覧。
  3. ^ a b c d 門倉啓太・阿部光瑠 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2024年7月16日閲覧。
  4. ^ 大地震における日本将棋連盟の対応(日本将棋連盟)
  5. ^ 門倉啓太五段が優勝 YAMADAチャレンジ杯|棋戦トピックス|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2020年12月22日閲覧。
  6. ^ 実戦での採用のほか、「猫だまし戦法(初手の革命 7八飛戦法)」として「将棋世界」2013年 10月号で解説している
  7. ^ 相崎修司「第29期竜王戦ランキング戦」、『将棋世界』(2017年1月号)、日本将棋連盟 p. 175
  8. ^ 森下卓九段にインタビュー(5)「どんな相手でもちゃんとやらなければならんぞ」。師匠の花村九段が最後の対局で伝えた教え|将棋コラム|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2020年12月22日閲覧。
  9. ^ 将棋連盟書道部に潜入インタビュー!プロ棋士はどうやって揮毫を選んでいるのか聞いてみた|将棋コラム|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2021年1月17日閲覧。
  10. ^ 門倉啓太Twitter 2018年1月25日”. 2021年1月18日閲覧。
  11. ^ 門倉啓太Twitter 2021年10月28日”. Twitter. 2021年11月5日閲覧。
  12. ^ 登場人物(キャスト)”. 盤上のアルファ~約束の将棋~. 2019年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月22日閲覧。
  13. ^ 門倉啓太四段が五段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟』2016年11月21日。
  14. ^ ニコファーレ, 【叡王戦開催記念】チーム対抗 詰将棋カラオケ|スケジュール|nicofarre. “【叡王戦開催記念】チーム対抗 詰将棋カラオケ|スケジュール|nicofarre ニコファーレ”. nicofarre.jp. 2018年4月17日閲覧。
  15. ^ 登場人物(キャスト)”. 盤上のアルファ~約束の将棋~. 2019年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月3日閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集