メインメニューを開く

門田屋敷停留場

日本の岡山県岡山市中区にある岡山電気軌道の停留場

門田屋敷停留場(かどたやしきていりゅうじょう)は岡山県岡山市中区門田屋敷二丁目にある岡山電気軌道東山本線停留場である。駅番号はH09

門田屋敷停留場*
門田屋敷停留場(2009年1月2日)
門田屋敷停留場(2009年1月2日)
かどたやしき
Kadotayashiki
H08 中納言 (0.3km)
所在地 岡山市中区門田屋敷二丁目
駅番号 H09
所属事業者 岡山電気軌道
所属路線 東山本線(1系統)
キロ程 2.7km(岡山駅前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1923年大正12年)7月9日
* 改称経歴
- 1931年 国清寺駅前駅→放送局筋駅
- 1961年 放送局筋駅→国清寺前駅
- 1965年 国清寺前駅→門田屋敷停留場
テンプレートを表示

目次

構造編集

島式ホーム1面2線。

周辺編集

歴史編集

バス路線編集

「国清寺前」バス停・「山陽女子中学・高校前」バス停編集

交差点南側の岡山県道45号岡山玉野線沿いに「国清寺前」バス停、交差点東側の岡山県道28号岡山牛窓線沿いに「山陽女子中学・高校前」バス停がある。

Harecaの場合に限り、岡山電気軌道の路面電車(岡山駅前県庁通り方面)と岡電バス岡山ふれあいセンター新岡山港方面)を、門田屋敷停留場(交差点東側)と国清寺前バス停(交差点南側)で乗り換えた場合、乗換を含んだ乗車区間を全てバスで乗車したものとして運賃計算する[3]

乗り入れるバス会社

一般路線(国清寺前)編集

乗り場 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
南行 07A 岡電 山陽学園旭東病院経由)桑野営業所・岡山ふれあいセンター  
09A 岡電 (山陽学園・旭東病院経由)三蟠南  
091 岡電 (山陽学園・旭東病院経由)新岡山港  
北行 0A1 岡電 西大寺町天満屋経由)岡山駅  
0A1 岡電 〔特急〕(西大寺町・天満屋・イオン経由)岡山駅  

一般路線(山陽女子中学・高校前)編集

乗り場 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
東行 両備 東山経由)益野西  
314,315 両備 (東山・益野経由)西大寺  
341 両備 (東山経由)岡山国際ホテル・操南台団地  
3 八晃 めぐりん益野線〕(東山・益野経由)新橋  
西行 314,341 両備 県庁前天満屋経由)岡山駅  
両備 (県庁前・天満屋・イオン経由)岡山駅前 岡山駅構内は経由しない
315 両備 (千日前・市役所入口・イオン経由)岡山駅  
3 八晃 〔めぐりん益野線〕(県庁南・栄町・田町・イオン経由)岡山駅前 天満屋・岡山駅構内は経由しない

隣の停留場編集

岡山電気軌道
東山本線
中納言停留場 (H08) - 門田屋敷停留場 (H09) - 東山・おかでんミュージアム駅停留場 (H10)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本鉄道旅行地図帳11号中国・四国』、新潮社、2009年、ISBN 978-4-10-790029-6 より。
    現在の当駅の位置付近には開通時に大道駅が所在し、1932年(昭和7年)6月7日に40m終点方に移設、1945年(昭和20年)3月1日に休止されたのち、1950年(昭和25年)9月1日にさらに約160m終点方(キロ程2.9km)に移設され、復活。当駅の現在地への移設と同時に廃止されている。
  2. ^ この時の駅名の由来は当時三蟠鉄道(1915年開業、1931年廃止)の起点、国清寺駅が所在したことによる。
  3. ^ 路面電車乗継サービス (pdf)”. 両備バス. 2018年9月23日閲覧。