メインメニューを開く

閃ウラン鉱(せんウランこう、uraninite)は、二酸化ウラン(UO2)よりなる鉱物等軸晶系硬度は 5 - 6、比重は 7.5 - 10。硫酸硝酸フッ化水素酸に可溶。

閃ウラン鉱
ピッチブレンド
分類 酸化鉱物
化学式 UO2
結晶系 等軸晶系
へき開 なし
モース硬度 5 - 6
光沢 亜金属光沢
黒色
条痕 黒色
比重 7.5 - 9.7
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

全ての閃ウラン鉱は、ウランが崩壊した結果として少量のラジウムを含む。また、少量のトリウム希土類なども含む。

ウランは、1789年マルティン・ハインリヒ・クラプロートによりこの鉱物から初めて発見された。

用途編集

ウランの原料として使用される。

ピッチブレンド編集

変種ピッチブレンド(pitchblende、瀝青ウラン鉱)は、塊状の閃ウラン鉱(非晶質)。ピッチ状の油脂光沢を持つことから命名された。

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集