メインメニューを開く

開田 博勝(ひらきだ ひろかつ、1975年2月10日 - )は、福岡県柳川市出身の元社会人野球選手(外野手)。

開田 博勝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県柳川市
生年月日 (1975-02-10) 1975年2月10日(44歳)
身長
体重
175 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 三菱重工長崎

2011年12月から三菱重工長崎の監督を務めているが、都市対抗野球大会及び社会人日本選手権大会は、いずれも九州地区予選で敗退し、本大会の出場は一度も無い。

来歴・人物編集

柳川高校では2年の夏に第73回全国高等学校野球選手権大会に出場。2回戦から6打席連続安打を記録し[1]、チームも2回戦で木立章成井上浩司を擁する専大北上、3回戦では岸川雄二を擁する佐賀学園をそれぞれ破ってベスト8に進出した。法政大学では野球部の同期に副島孔太がおり、3年生の時に全日本選手権で優勝を経験している。

1997年三菱重工長崎に入社し、3年目の1999年に主将に就任。俊足を活かすため2番打者を任され[2]同年の都市対抗で準優勝した。翌2000年シドニー五輪代表候補として最終選考の合宿に参加した[3]が、代表には選ばれなかった。社会人の4年間で公式戦68試合に出場して打率.330、10本塁打という打力[1]などが評価され、 同年のドラフト会議オリックスから5位指名を受けたが、契約金なしなどの条件が指名後の交渉でも一切変わらない事が事前に開田側に伝わっておらず[4]、入団拒否に至っている。

2001年は主将の座を退いてプレーに専念し、オープン戦11試合で41打数20安打、5本塁打を記録するなど春先から好調を見せ[5]、1番打者を任された[6]日本選手権では全試合1打席目で出塁し[7]、決勝戦では5打数4安打を記録するなど大会打率.667の活躍で首位打者賞を獲得し、優勝に貢献している[8]2002年都市対抗予選でチーム2位の打率.429を記録したが、脇腹痛に苦しみ[9]本大会ではチームも初戦で敗退した。

2003年は2月下旬に右手首を骨折し、回復してからも無意識にかばう感覚などに苦しんだが、都市対抗の地区代表決定戦では本塁打を放つなど徐々に復調した[7]。翌2004年10月に右ひじ靭帯の移植手術を受け、2005年都市対抗地区予選では1番打者として全試合で1打席目に出塁し、打率.353を記録している[10]2006年都市対抗本大会の1回戦で右翼守備の際に中堅手と交錯して左ひざの靭帯を断裂する重傷を負った。一時は引退も考えたがリハビリに励み、2007年日本選手権の予選で1年2ヶ月ぶりに公式戦出場を果たしている[11]2008年限りで現役を引退した。

2011年12月、吉村忠治監督に代わって三菱重工長崎の監督に就任した。

脚注編集

  1. ^ a b 毎日新聞、2000年11月18日付朝刊、長崎地方面
  2. ^ 毎日新聞、1999年6月2日付朝刊、長崎地方面
  3. ^ 毎日新聞、2000年6月28日付朝刊、P.23
  4. ^ 読売新聞、2000年12月9日付朝刊、P.21
  5. ^ 毎日新聞、2001年7月18日付朝刊、長崎地方面
  6. ^ 毎日新聞、2001年6月8日付朝刊、長崎地方面
  7. ^ a b 毎日新聞、2003年8月12日付朝刊、長崎地方面
  8. ^ 毎日新聞、2001年10月15日付夕刊、P.4
  9. ^ 毎日新聞、2002年9月25日付朝刊、P.17
  10. ^ 毎日新聞、2005年8月18日付朝刊、長崎地方面
  11. ^ 毎日新聞、2007年10月16日付朝刊、長崎地方面

関連項目編集

外部リンク編集