メインメニューを開く

開闔(かいこう)とは、平安時代以後に公武の機関に設置された役職の1つ。書類・文書の出納・勘査を行うことを職掌としていた。機関内部においてはおおよそ中級の地位にあったが、事務・実務部門における事実上の責任者の地位にあった。

平安時代の朝廷には和歌所御書所記録所などに設置され、院庁摂関家文殿にも設置されていた。鎌倉幕府引付には奉行人の上首が開闔となり、議事進行の実務を行った。この制度は室町幕府内談衆にも継承され、侍所などにも設置された。なお、政所においては特に「執事代」と称されていた。室町幕府の後期には侍所開闔は松田氏飯尾氏が、政所執事代は蜷川氏(政所執事伊勢氏の被官)が占めるようになった。また、神宮方など室町幕府の他の機関にも設置が確認される。

参考文献編集