メインメニューを開く

間宮 壽石(まみや じゅせき、1937年8月22日 - は、日本書道家篆刻家である。東京都生まれ。本名は晢(あきら)、号は壽石。石井雙石の孫弟子。2007年(平成19年)現代の名工受章。2011年(平成23年)黄綬褒章受章。

間宮壽石
生誕 1937年8月22日
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本東京都
研究分野 篆刻研究
影響を
受けた人物
石井雙石
主な受賞歴 現代の名工受章(2007年
黄綬褒章受章(2011年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

略歴編集

  • 1964年(昭和39年)、東京オリンピック全国大会(銅メダル受賞)。
  • 1971年(昭和46年)、国家試験一級彫刻技能合格。
  • 1984年(昭和59年)、第三回全国技能士大会で1位(グランプリ)になり、労働大臣賞受賞。
  • 2004年(平成16年)、東京マイスター(都知事賞受賞)。
  • 2007年(平成19年)、現代の名工厚生労働大臣賞受章。
  • 2011年(平成23年)、黄綬褒章受章。皇居での春の園遊会に招かれる。[1]

脚注編集

  1. ^ 立川の匠が印章制作-唯一無二の手彫りにこだわり”. 立川経済新聞 (2013年9月27日). 2018年6月18日閲覧。

外部リンク編集