メインメニューを開く

経歴編集

高知県に育ち、高校1年生の時に学校に通う傍ら青柳裕介の自宅を訪ね、アシスタントを続ける。1972年に上京後、『劇画セレクト』(芸文社)でデビュー[1]。10年以上連載された作品に「ビーナス白書」「けっぱれ亀太郎」等がある。

旧ペンネームは「間宮青児」で、アシスタントを務めた青柳裕介と、ファンだった宮谷一彦とで、「青柳と宮谷の間に生まれた子」に由来している。しかし、36歳の時霊能者や女房に「この名前は死ぬ」と言われ、その結果交通事故に合ってしまったため、それ以来神聖な意味を込めて現在のペンネームに改めている[1]

現在、『漫画プラザ』『漫画ローレンス』にて作品を連載している。

作品リスト編集

間宮青児名義編集

間宮聖士名義編集

  1. 凌辱の儀式編
  2. 肉体調教編
  3. 母娘相姦編
  4. 淫楽堕落編
  5. 恋人凌辱編
  6. 最後の聖戦編
  1. 淑女性奴隷編
  2. 女体改造調教編
  3. 緊縛聖女淫虐編
  4. 完結編

ほか多数

脚注編集

  1. ^ a b c d 『スペクテイター』23号 エディトリアルデパートメント

関連項目編集