間帯土壌(かんたいどじょう)とは、気候帯に関係なく地形地下水岩石などの特性に支配され、局地的に分布する土壌のこと。成帯土壌と対になる概念。

間帯土壌の分類編集

関連項目編集