間違いだらけの学習論

間違いだらけの学習論』(まちがいだらけのがくしゅうろん)とは日本の教育心理学者、西林克彦の著作である。

概要編集

個人の体験談をもとに書かれた勉強法指南書は日本でも数多く出回っているが、それらの書籍の多くは経験則の域を出ていないのに対し、心理学者である著者が執筆した本書では認知心理学の知見を踏まえた上で、一般に流布している学習論を批判的に検証し、勉強について教育者と学習者相方に提言を行っている。なお、市川伸一東京大学教授の著作でも取り上げられたことがある[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 市川伸一、勉強法が変わる本―心理学からのアドバイス 。

関連項目編集