閔公(びんこう、生年不詳 - 紀元前660年)は、春秋時代君主。『春秋左氏伝』では「閔公」であるが、『史記』では「湣公」と表記される。名は啓。

閔公 姫啓
王朝
在位期間 前661年 - 前660年
都城 曲阜
姓・諱 姫啓
諡号 閔公
没年 紀元前660年
荘公
叔姜

生涯編集

閔公は荘公の子だが、次期魯公は季友が推す庶子の公子斑が有力視されていたため、公位の対象外にあった。しかし、紀元前662年に荘公が没した直後に魯公となった斑を慶父が暗殺し、慶父の推挙を受けて翌紀元前661年魯公の座に就く。

その後、に亡命していた季友を呼び戻すために、斉の桓公に季友の帰国を働きかけ、首尾よく実現させる。その際に閔公自らが帰国途中の季友を迎えに行ったことから、閔公は季友を慶父以上に信頼していたことがうかがえる。

だが、紀元前660年に魯公の座を狙っていた慶父によって、暗殺されてしまう。在位はわずか2年で、正に慶父に振り回された人生であった。

紀年編集

魯閔公 元年 2年
西暦 前661年 前660年
干支 庚申 辛酉


参考文献編集

  • 陸峻嶺、林幹合編、『中国歴代各族紀年表』、1982年、台北、木鐸出版社