関 ナツエ(せき なつえ、1966年6月10日 - )は、北海道鵡川町(現・北海道むかわ町)出身のスピードスケート自転車競技選手である。三協精機(現日本電産サンキョー)所属。

来歴編集

駒大苫小牧高校ではインターハイ1500mで3連覇を達成[1]1988年カルガリーオリンピックに1500m・3000m・5000mで出場。

同年に開催されたソウルオリンピックにも自転車ロードレースで出場。高校の2年先輩でもある橋本聖子とともに日本人初の夏冬オリンピック出場となった。

脚注編集

  1. ^ 日刊スポーツ2014年1月22日北海道版18面「全国高校スケート3連覇達成者」より

関連項目編集

外部リンク編集