メインメニューを開く

関バイパス (三重県)

日本の三重県亀山市を通る国道1号のバイパス道路

関バイパス(せきバイパス) は、三重県亀山市太岡寺町から亀山市関町沓掛(くつかけ)を結ぶ全長7.1km国道1号バイパスである。

一般国道
Japanese National Route Sign 0001.svg
関バイパス
国道1号バイパス
路線延長 7.1 km
開通年 2007年 -
起点 三重県亀山市太岡寺町
終点 三重県亀山市関町沓掛
接続する
主な道路
記法
記事参考
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

目次

概要編集

名阪国道接続部から亀山市関町鷲山までの区間が工事中である。の名は計画当時に建設場所の大部分が関町内にあったことに由来する(関町はいわゆる平成の大合併で消滅)。

接続するバイパス編集

交差する道路編集

歴史編集

  • 1996年平成8年) 亀山市太岡寺町-同市小野町(1.1km)事業化。
  • 2003年(平成15年)3月 亀山市太岡寺町-小野町(1.1km)着工。
  • 2007年(平成19年)8月23日 亀山市太岡寺町→名阪国道奈良・伊勢道方面ランプ暫定1車線で開通。
  • 2008年(平成20年)3月23日 名阪国道奈良・伊勢道方面→亀山市太岡寺町ランプ暫定1車線で開通。

関連項目編集

外部リンク編集