メインメニューを開く

関係節(かんけいせつ、relative clause)とは、名詞修飾するのうち、被修飾名詞が修飾節の中で主語目的語など)や付加詞として働いているものである。関係節と被修飾名詞は全体として名詞句を構成し、被修飾名詞はその名詞句の主要部となる。

基本的な概念編集

(1)    僧侶が筆で絵を描いた

たとえば、例(1)のが表している出来事には、「僧侶・筆・絵」といった人や物が関わっている。僧侶は「描く人」、筆は「描く道具」、絵は「描かれる物」である。このうち、描く人や描かれる物のように、その出来事に不可欠なものを、道具のように不可欠とは言えないものを付加詞という。

(2)  a.  筆で絵を描いた僧侶
(2)  b.  僧侶が絵を描いた
(2)  c.  僧侶が筆で描いた

例(2)の下線部が関係節である。(2a–c)の下線部は、それぞれ「僧侶・筆・絵」を修飾しており、また、「僧侶・筆・絵」は下線部の節の項や付加詞となっている。

これに対して、「僧侶が筆で絵を描いたという証拠」の下線部は、「証拠」を修飾しているが、関係節ではない。「証拠」は下線部の項や付加詞ではないからである。

(1)のような通常の節から(2)のような関係節を作ることを、関係節化(かんけいせつか、relativization)という。たとえば、(1)の「僧侶」を関係節化すると、(2a)の「筆で絵を書いた(僧侶)」という関係節ができる。同様に、(2b)は(1)の「筆」を、(2c)は「絵」を関係節化したものである。

関係節化される要素(被修飾名詞)は、その関係節を含む名詞句主要部となる。英語のように、関係節が主要部に後置される言語では、関係節の主要部は先行詞(せんこうし、antecedent)とも呼ばれる。たとえば、(3)では man が先行詞である。

(3)    the man [whom I saw yesterday]
「私が昨日見た男性」

関係節化の方法編集

関係節化にはいくつかの方法があり、被修飾名詞(主要部)に当たる表現が元の節の中でにあるかどうか、あるとすればそれがどのように表現されるか、という観点から分類される。

たとえば日本語では、被修飾名詞に当たる表現はなく、元の節の中の空所として残るだけである。このような空所型(gapping-type)の言語の例として、韓国語がある。

(4)    韓国語
현식이 그 개를 때린 막대기
[Hyənsik-i  kɨ  kä-lɨl  ttäli-n]  maktäki 
ヒョンシク-NOM  その  犬-ACC  叩いた-REL  棒 
「ヒョンシクがその犬を叩いた棒」 [1]:151

また、英語などヨーロッパの言語に多く見られるのは、関係代名詞を用いる方法(関係代名詞型)である。関係代名詞は、被修飾名詞が関係節の中で担う役割(主語、目的語など)を表すと同時に、関係節の最初に置かれて接続詞の働きをする。たとえば(5)のロシア語の例では、関係代名詞 kotoruju対格であることから被修飾名詞の devuška「少女」が関係節の中では目的語になることが分かる。

(5)    ロシア語
девушка которую я видел
devuška,  [kotoruju  ja  videl] 
少女  誰-ACC  私  見た 
「私が見た少女」 [1]:149

被修飾名詞に当たる代名詞を関係節の中で用いる方法もある。このような方法は代名詞残留型(pronoun-retention type)と呼ばれ、たとえば、ペルシャ語などに見られる。ペルシャ語では、主語と目的語以外の要素を関係節化する場合、代名詞残留型関係節となる。たとえば(6)の例では、被修飾名詞の zanirā「女性」に当たる代名詞 u「彼女」が関係節の中にあり、彼女がジャガイモを与えられた人であることを表している。

(6)    ペルシャ語
man  zanirā  [ke  Hasan  be  sibe zamini  dād]  mišenāsam 
私  女性.ACC  REL  ハサン  に  彼女  ジャガイモ  与えた  知っている.1SG 
「私はハサンがジャガイモをあげた女性を知っている」 [1]:148

参考文献編集

  1. ^ a b c Comrie, Bernard (1989) Language universals and linguistic typology: syntax and morphology. 2nd edition. Chicago: University of Chicago Press.