メインメニューを開く

関 啓子(せき けいこ、1948年 - )は、日本教育学者一橋大学名誉教授。

人物・経歴編集

千葉県松戸市生まれ[1]1971年一橋大学社会学部教育思想史卒[2]1973年、同大学院社会学研究科修士課程修了。指導教官は鈴木秀勇[3]1976年同博士課程単位取得満期退学[2]。1978年再入学[2]。1981年博士課程単位取得満期退学[2]藤岡貞彦ゼミナール出身。

1976年より1978年まで一橋大学社会学部助手[2]1981年より同助教授[2]1990年に教授昇任[2]1994年『クループスカヤの思想史的研究』で一橋大学博士(社会学)。審査員中内敏夫藤岡貞彦中村喜和[4]1997年大学院重点化に伴い、大学院社会学研究科教授に配置換え[2]2002年日本教育政策学会理事。2005年日本教育政策学会報編集委員長[5]2012年一橋大学定年退職、名誉教授[6]、特任教授。

著書編集

  • 全面発達と人間の解放 クループスカヤの初期教育思想の研究 明治図書出版、1985.10.
  • クループスカヤの思想史的研究 ソヴェト教育学と民衆の生活世界 新読書社、1994.9.
  • 多民族社会を生きる 転換期ロシアの人間形成 新読書社、2002.4.
  • アムールトラに魅せられて 極東の自然・環境・人間 東洋書店、2009.10. ユーラシア・ブックレット

共編著編集

翻訳編集

  • クルプスカヤ選集 8 婦人の解放と教育 石井郁子共訳 明治図書出版、1976.

出典・脚注編集

  1. ^ 「著者略歴」『多民族社会を生きる 転換期ロシアの人間形成』
  2. ^ a b c d e f g h 「関 啓子 (せき・けいこ」一橋大学大学院会学研究科
  3. ^ 「昭和47年度学位授与・単位修得論文」一橋研究
  4. ^ 「博士論文要旨および審査要旨(トラン ヴァン トウ・後藤晃・袁克勤・関啓子・佐藤倫正・足羽與志子)」一橋論叢
  5. ^ 「関 啓子」researchmap
  6. ^ [1]

外部リンク編集