メインメニューを開く

関幸彦

関 幸彦(せき ゆきひこ、1952年(昭和27年)5月 - )は、日本歴史学者日本大学文理学部教授。専門は日本中世史。

目次

来歴編集

北海道札幌市出身。1985年(昭和60年)3月、学習院大学大学院人文科学研究科博士課程修了。学習院大学文学部史学科助手、文部省初等中等教育局教科書調査官、鶴見大学文学部教授を経て、2008年(平成20年)4月より日本大学文理学部教授。

著書編集

  • 『研究史 地頭』吉川弘文館、1983年
  • 国衙機構の研究』吉川弘文館、1984年
  • 武士団研究の歩み』新人物往来社、1988年
  • 源義経』清水書院、1990年
  • 『説話の語る日本の中世』そしえて、1992年。新装版 新人物往来社 2005年
  • 『ミカドの国の歴史学』新人物往来社、1994年
  • 『蘇る中世の英雄たち』中央公論社、1998年
  • 『武士の誕生』日本放送出版協会、1999年
  • 源頼朝』PHP研究所、2001年
  • 神風の武士像』吉川弘文館、2001年
  • 『「鎌倉」とはなにか 中世を、そして武家を問う』山川出版社、2003年
  • 北条政子 母が嘆きは浅からぬことに候』ミネルヴァ書房、2004年
  • 『義経の時代一〇〇人』河出書房新社、2005年
  • 『戦争の日本史5 東北の争乱と奥州合戦』吉川弘文館、2006年
  • 『武士の時代へ―東国武士団と鎌倉殿』(NHKシリーズ NHKカルチャーアワー・歴史再発見)日本放送出版協会、2008年
  • 百人一首の歴史学』日本放送出版協会、2009年
  • 『北条時政と北条政子 「鎌倉」の時代を担った父と娘』 日本史リブレット)山川出版社、2009年
  • 鎌倉殿誕生 源頼朝』山川出版社、2010年
  • 『その後の東国武士団―源平合戦以後』<歴史文化ライブラリー> 吉川弘文館、2011年
  • 『承久の乱と後鳥羽院』<敗者の日本史6>吉川弘文館、2012年

共編著編集

  • 『義経とその時代』 大三輪龍彦 福田豊彦 山川出版社 2005年
  • 『源平合戦事典』 福田豊彦 吉川弘文館 2006年
  • 『人事の日本史』 遠山美都男 山本博文 毎日新聞社、2005年。新潮社で文庫化、2008年
  • 『吾妻鏡必携』 野口実 吉川弘文館 2008年
  • 『闘諍と鎮魂の中世』 鈴木哲 山川出版社、2010年

他多数。

外部リンク編集