メインメニューを開く

関 時男(せき ときお、1944年8月15日 - )は、日本俳優声優東京都出身。日本大学藝術学部演劇科卒。劇団昴1977年 - 1992年)、芹川事務所(不明 - 2009年7月)を経て、2009年8月から再び劇団昴に所属。

せき ときお
関 時男
本名 関口 勇[1]
生年月日 (1944-08-15) 1944年8月15日(75歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ映画演劇
アフレコ
活動期間 1969年 -
活動内容 1969年:初舞台
1977年劇団昴入団
1992年:同上退団
2009年:芹川事務所を離籍
2009年:劇団昴再入団
テンプレートを表示

人物編集

  • 1969年に友人とコンビを組み日本劇場での公演に出演したのが初舞台。内容は「ハワイアン・コント」であった[2]
  • 1977年劇団昴に所属するまでは単独で日劇ミュージックホールの公演に出演[2]
  • ドナルドダックの初代専属吹き替え声優である。関がドナルドを吹き替えたバージョンの短編、及び長編作品は現在では廃盤となっており、聞くことは難しい。
  • 2009年に劇団昴に再入団。再入団後の初舞台は『ヴェニスの商人』の老ゴボー役であった[3]
  • 趣味は読書スポーツ。特技は落語[2]
  • 舞台の楽屋では、同室の俳優を相手にひたすら喋り続けるようで、小野寺丈が「一方的に喋っていれば聞き流すこともできるが、たまに質問もしてくるのでちゃんと聞いていないといけない」と発言している[4]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

テレビアニメ編集

ゲーム編集

吹き替え編集

洋画編集

海外アニメ編集

その他編集

出典編集

  1. ^ 『日本タレント名鑑 2007』(VIPタイムズ社、2007年) 210頁
  2. ^ a b c 芹川事務所所属時の公式プロフィール 現在は離籍に伴いページが削除されている。
  3. ^ 劇団昴の期間限定ブログ『ヴェニスの商人』 2009年8月15日付けの記事にて記述
  4. ^ 小野寺丈の公式ホームページ『Joe company』の『Joe's Mutter』 2004年3月23日付けの記事にて記述

関連項目編集