関東大学バスケットボール連盟

一般社団法人関東大学バスケットボール連盟(かんとうだいがく―れんめい)は、関東地区の1都7県に所在する大学男子バスケットボール部により構成された競技運営団体である。

関東大学バスケットボール連盟
Kanto College Basketball Federation
団体種類 一般社団法人
所在地 東京都渋谷区桜丘町27-2
第2シバビル3F
法人番号 2011005006723 ウィキデータを編集
主要人物 日馬雄紀(会長)
活動地域 日本の旗 日本関東地方
活動内容 大学バスケットボールの振興
ウェブサイト 関東大学バスケットボール連盟
テンプレートを表示

歴史編集

  • 1924年 - 早稲田大学立教大学東京商科大学の三大学により全日本学生籠球連合が結成される
  • 1933年 - 関東大学籠球聯合に改称
  • 1966年 - 関東地方のリーグが統合され「関東大学バスケットボール連盟」結成
  • 1976年 - 早稲田など7校が連盟から分離し、東京七大学リーグを結成。翌年には13大学、翌々年には東京学生連盟(10大学(ビッグテン))を結成。
  • 1982年 - リーグ再編により、関東大学連盟に統合される
  • 2016年4月1日 - 一般社団法人化[1]

主な大会編集

リーグ戦編集

関東大学選手権大会編集

  • 1952年より開催されているトーナメント戦。通称関東インカレ。三菱電機が特別協賛を務めている。

新人戦編集

  • 原則1,2年生によるトーナメント。

東京六大学リーグ戦編集

  • いわゆる「東京六大学」によるリーグ戦。明治大学、立教大学、早稲田大学、慶應義塾大学、法政大学、東京大学が参加。

六大学リーグ戦編集

  • 國學院大學・上智大学・東京農業大学・立正大学・東京電機大学・大東文化大学が参加。
  • 2002年に第1回が行われ、原則として全日本インカレの前に開催される。

京王杯10大学フェスティバル編集

  • 京王電鉄沿線の大学を中心とする10大学によるトーナメント。慶應義塾大学、日本大学、青山学院大学、法政大学、早稲田大学、専修大学、明治大学、拓殖大学、中央大学、東京大学が参加。

加盟校(2020年)[2]編集

1部編集

2部編集

3部編集

4部編集

5部編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集