メインメニューを開く
画像提供依頼:公道で撮影した営業所出入口付近およびバス車両の写真の画像提供をお願いします。2018年2月

関東自動車鹿沼営業所(かんとうじどうしゃかぬまえいぎょうしょ)は、栃木県鹿沼市村井町にある関東自動車のバス営業所である。

一般路線は鹿沼市・宇都宮市をエリアとしている。又、鹿沼市民バス「リーバス」の一部路線の運行を受託している。所属車輌のナンバープレートは、「栃木」「宇都宮」が存在する。

沿革編集

いずれも詳細な年月日は不明

  • 当初は鹿沼駅前に所在
  • 1964年 現在地となる新鹿沼車庫用地購入(敷地は現在の半分程度[1]、2000年までに線路際まで拡張[2])、鹿沼駅近くに下武子車庫を開設
  • 鹿沼駅前の営業所事務所を閉鎖(定期券等販売窓口は駅前再整備まで残存)
  • 1996年 組織再編で簗瀬営業所の出張所化
  • 鹿沼営業所として独立
  • 営業所内に関東自動車整備の作業場を設置[3]

現行一般路線編集

  1. 主な停留所を掲載。特定輸送の路線は掲載せず。
  2. 「リーバス」に関しては、関東自動車公式ホームページに掲載されている鹿沼 - 古峰原線のみ掲載。ほかのリーバス路線については鹿沼市民バスの項目を参照。

撤退・廃止路線編集

近年撤退・廃止された路線を掲載。

廃止・撤退路線のうち、鹿沼市民バスに転換された路線は、そちらも参照。

  • JR鹿沼駅 - 天神町 - 鹿沼営業所 - 東武樅山駅 - 粟野町役場入口 - 口粟野車庫 - 大越路 - 粕尾局前 - 中粕尾車庫 - 遠木橋 - 半縄 - 上粕尾発光路[10]
  • JR鹿沼駅 - 天神町 - 鹿沼営業所 - 東武樅山駅 - 粟野町役場入口 - 口粟野車庫 - 大越路 - 粕尾局前 - 中粕尾車庫[10]
  • JR鹿沼駅 - 天神町 - 鹿沼営業所 - 東武樅山駅 - 粟野町役場入口 - 口粟野車庫[11]
  • JR鹿沼駅 - 天神町 - 東武新鹿沼駅 - 西鹿沼局前 - 日向辻 - 酒野谷 - 旭が丘団地 - 運動公園 - 上南摩[12][13]
  • JR鹿沼駅 - 天神町 - 東武新鹿沼駅 - 西鹿沼局前 - 日向辻 - 酒野谷 - 旭が丘団地 - 運動公園[12][13]
  • JR鹿沼駅 - 天神町 - 東武新鹿沼駅 - 西鹿沼局前 - 日向辻 - 加園郵便局前 - 加蘇中入口 - 久我神社入口 - 上久我法長内 - 石裂[14]
  • JR鹿沼駅 - 天神町 - 東武新鹿沼駅 - 西鹿沼局前 - 日向辻 - 加園郵便局前 - 加蘇中入口 - 久我神社入口 - 上久我法長内[15]
  • 鹿沼営業所 - 天神町 - 御成橋 - 菊沢 - 東武板荷駅 - 大原入口 - 小来川森崎[12][16]
  • 鹿沼営業所 - 天神町 - JR鹿沼駅 - 上野原十文字 - 木工団地入口 - 上石川十文字 - 下石川 - 運転免許センター[12][17]
  • 鹿沼営業所 - 天神町 - JR鹿沼駅 - 西千渡 - 木工団地
  • 鹿沼営業所 - 鹿沼市役所 - 文化センター - 鹿沼市役所 - 天神町 - JR鹿沼駅
  • JR鹿沼駅 - 天神町 - 上都賀病院 - 東武新鹿沼駅 - 西鹿沼局前 - 日向辻 - 下沢 - 岩花 - 草久 - 八岡局前 - 一の鳥居 - 古越路 - 古峰原[18]
  • JR鹿沼駅 - 天神町 - 上都賀病院 - 東武新鹿沼駅 - 西鹿沼局前 - 日向辻 - 下沢 - 岩花 - 草久 - 八岡局前 - 一の鳥居[18]
  • 新高徳駅 - 西船生 - 船生支所 - 宇大演習林 - 玉生車庫 - 塩谷町役場 - 幸岡十字路 - JR矢板駅[19]
  • 新高徳駅 - 西船生 - 船生支所 - 宇大演習林 - 玉生車庫 - 塩谷町役場 - 矢高前 - 幸岡十字路 - JR矢板駅[19]
  • 矢高前 - 幸岡十字路 - JR矢板駅[19]
  • JR宇都宮駅 ← 県庁前 ← 東武駅前 ← 桜通り十文字 ← 三の沢 ← 羽黒下 ← (快速) ← JR鹿沼駅 - 天神町 - 鹿沼営業所
  • 小来川森崎 - 小来川温泉 - 峠頂上 - 板荷神社 - 行川 - (←JR今市駅) - 今市車庫(瀬川)[20][21][22]

※現在、鹿沼市民バス「リーバス」として運行されている路線は、古峰原線以外では関東自動車ほか発行の共通バスカードの利用は出来ない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 整理番号:KT816X,コース番号:C5A,写真番号:3,撮影年月日:1982/02/15国土地理院の地図・空中写真閲覧サービスの空撮 中央部の下に位置し線路沿いは田園で、敷地は現在の東側部分のみ。
  2. ^ 整理番号:KT20001X, コース番号:C8,写真番号:11,撮影年月日:2000/11/05(平12)国土地理院の地図・空中写真閲覧サービスの空撮 中央部の少し下で、線路際まで敷地が広がっている
  3. ^ 2018年10月に東野交通と経営統合し、東野平出営業所内に作業場を新設してからは、バス車庫として活用
  4. ^ 長坂経由と通称される
  5. ^ 宇都宮共和大学および宇都宮短期大学休校日は、共和大学・宇都宮短期大学を経由せず
  6. ^ 荒針経由と通称される
  7. ^ 下沢大関橋 - 古峰原神社間は自由乗降区間
  8. ^ 共通バスカードが使用出来る
  9. ^ 降雪期には、一の鳥居バス停脇の待機・転回場にてタイヤチェーンの着脱、または古越路バス停脇の待機場(チェーン脱着場)に古越路〜古峰原間用としてタイヤチェーンを装着した車両を待機させておき、ここで乗り換えを行なう事がある
  10. ^ a b 現在は上粕尾発光路 - 山の神間を延長の上、鹿沼市民バス「リーバス」・上粕尾山の神線として運行
  11. ^ 現在は運行経路を一部変更(旧粟野町役場前に乗り入れ)の上、リーバス・口粟野線として運行
  12. ^ a b c d 鹿沼市廃止代替バス
  13. ^ a b 現在は運行経路を変更の上、リーバス・南摩線として運行
  14. ^ 現在は鹿沼市街地の運行経路を変更の上、リーバス・上久我線として、鹿沼 - 法長内 - 上久我馬返 - 石裂山間を運行
  15. ^ 現在は鹿沼市街地の運行経路を変更の上、リーバス・上久我線として、鹿沼駅 - 法長内 - 上久我馬返間を運行
  16. ^ 現在は運行経路を変更の上、リーバス・小来川森崎線として運行
  17. ^ 現在はリーバス運転免許センター線として運行
  18. ^ a b 現在はリーバスとしての運行に移行。#現行一般路線も参照
  19. ^ a b c 塩谷町代替バスとして、同町より運行受託。バスカードの使用可能。東野交通が運行していた路線を、新高徳 - 矢板間の運行のみとして運行、同時にこの時から休日運休ダイヤの路線となる。後年、この路線は別会社の運行委託へ変わった
  20. ^ 日光市営バス
  21. ^ 現在はデマンド交通化
  22. ^ 共通バスカードが利用できた

参考文献編集

  • 「関東自動車系統一覧・1994年11月16日現在」 伊東浩司 1995年(※完売)