メインメニューを開く

関東鉄道キハ0形気動車

常総線で使用される気動車

関東鉄道キハ0形気動車(かんとうてつどうキハ0がたきどうしゃ)は、関東鉄道が1982年以降に運用している通勤型気動車である。

関東鉄道キハ0形気動車
キハ0形 (2005年8月31日 常総線守谷駅)
キハ0形
(2005年8月31日 常総線守谷駅
基本情報
製造所 新潟鐵工所
主要諸元
軌間 1,067mm
車両定員 140名(うち座席61名)[1]
自重 30.0t(空車)[1]
全長 20,000mm[1]
全幅 2,884mm[1]
全高 3,875mm[1]
台車 DT22A(動力台車/001・002・005を除く)[2]
DT22C(動力台車/001・002・005)[2]
TR51A(付随台車/001・002・005を除く)[2]
TR51B(付随台車/001・002・005)[2]
機関 DMH17C(入線当初)[1]
機関出力 180HP[1]
変速機 いずれも液体変速機
DF-115(008を除く)[3]
TC-2(008のみ)[3]
歯車比 2.976[3]
制動装置 DA-1[3]
テンプレートを表示

国鉄キハ20系気動車の機器を流用した車両で、国鉄の気動車の機器を流用したキハ310形と同様の手法で製造された[4]が、キハ310形とは異なり、車歴上では新製として扱われている[5]

目次

車両概説編集

本節では、登場当時の仕様を記述する。

キハ0形は全長20,000mmの全金属製車体で[1]、全幅は2,884mmである[1]。キハ310と異なり、側面の雨樋については縦樋が車体に埋め込まれている[5]

本形式は奇数番号と偶数番号の車両を固定式連結器で連結した2両固定編成とし、常総線の車両としては初めて連結面に貫通幌が設置された。関東鉄道では本形式を「ユニット車両」と呼称している[5]

正面は貫通扉付正面3枚窓であるが、前照灯を前面窓の下に配置し[6]、正面貫通扉の上部にはキハ900形以来となる方向幕が装備された[5]。側面には扉を3箇所に配置しており、3つとも両開き扉となっているが、扉の窓はキハ310よりも大型化された。車内の座席配置はロングシートである[6]

運用編集

1982年7月に常総線南守谷までの区間で複線化が完成した際に、キハ001・キハ002の2両が登場した[5]。1983年12月にはキハ003からキハ006までの4両が増備された[5]。さらに1984年12月にはキハ007・キハ008の2両が増備された[5][注釈 1]

1996年(平成8年)に冷房化され、エンジンがキハ2100形と同じDMF13HZに換装されている。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ このときの増備車両の車番のうち1両が「007」で、ジェームズ・ボンドのコードネームと同一であることから、鉄道雑誌などでは「鉄道界のダブルオーセブン」とも書かれていた[5]

出典編集

参考文献編集

書籍編集

  • 森本富夫、諸河久『私鉄の車両8 関東鉄道』保育社、1985年。ISBN 4586532084

雑誌記事編集

関連項目編集