メインメニューを開く

一般財団法人関東電気保安協会(かんとうでんきほあんきょうかい)は、関東地方1都6県と山梨県全域・静岡県富士川以東の企業家庭向けに電気の点検・保安業務を行っている一般財団法人。定款上の英称は「Kanto Electrical Safety Services Foundation」だが、略称としては日本語名称のローマ字読みの頭文字を取ったKDHKanto Denki Hoankyoukai)を用いている。全国に10ある電気保安協会の中で業務連携先の電力会社と唯一先頭名称が一致していない。(即ち東京電気保安協会と称していない。)

関東電気保安協会
Kanto Electrical Safety Services Foundation
団体種類 一般財団法人
設立 1966年2月15日
所在地 東京都港区芝浦4-13-23MS芝浦ビル7階
北緯35度38分25.0秒東経139度44分52.6秒座標: 北緯35度38分25.0秒 東経139度44分52.6秒
法人番号 8013305001704
主要人物 理事長 山口 博
活動地域 茨城県栃木県群馬県埼玉県
千葉県・東京都・神奈川県山梨県静岡県
主眼 電気の適切かつ安全な利用を促進する業務を行うことにより、公共の利益の増進に寄与すること
活動内容 一般用電気工作物の調査業務
事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安業務 他
ウェブサイト http://www.kdh.or.jp
テンプレートを表示

目次

協会概要編集

 
関東電気保安協会の業務区域(赤色に塗られた1都8県)

業務内容編集

  • 電気設備の安全点検
  • 企業向け電気設備保安・監視
  • 各種電気設備取り付け・修理・相談
  • 電気系資格技術講習会
  • 電気を安全に使用するための広報業務
  • 東京電力との連携業務

協会キャラクター編集

  • エレちゃん:(エレファント)と電気(エレキ)のエレを掛け合わせて名付けられた。

関連項目編集

外部リンク編集