メインメニューを開く

関根 弘(せきね ひろし、1920年1月31日 - 1994年8月3日)は、日本の詩人・評論家。

来歴編集

東京府東京市浅草区浅草森下町(現在の東京都台東区蔵前)生まれ。工員、業界紙記者を務める。戦後、日本共産党員として活動する傍ら(のち脱退)、「列島」「現代詩」などの詩運動のリーダーとして活動。夜の会、現在の会などに参加し、ルポルタージュ、社会評論、文芸評論、小説など幅広く執筆活動を行った。

1970年前後、かつて賛同した売春防止法が、ブルジョワ的偽善に過ぎず、多くの「棄民」を生み出しただけだったと気づいて、『小説吉原志』などで、売春婦の実態を抉った。

著書編集

  • 絵の宿題 建民社、1953
  • 現代詩の作法 春秋社、1954
  • 鉄 オモチャの世界 柏林書房、1955(ルポルタージュ・シリーズ)
  • 狼がきた ユリイカ、1955
  • 死んだ鼠 関根弘詩集 飯塚書店、1957
  • 棗を喰った話 真鍋博共著 亜紀社、1958
  • 水先案内人の眼 現代思潮社、1959
  • 青春の文学 アヴァンギャルド詩論 三一書房、1959
  • 現代詩入門 飯塚書店、1961
  • 東大に灯をつけろ 学閥・官僚・アカデミズム 内田老鶴圃、1961
  • くたばれ独占資本 三一新書、1963
  • 関根弘詩論集 自分の場所の発見 思潮社、1964
  • 新宿 盛り場・ターミナル・副都心 大和書房、1964
  • 都門 句集 紫の会、1964
  • 関根弘詩集 思潮社、1968
  • わが新宿! 叛逆する町 財界展望新社、1969
  • 戯話乱世のヒーロー 三省堂新書、1969
  • 関根弘詩集 思潮社、1969(現代詩文庫)
  • 日本民衆詩集 岡本潤共編 太平出版社、1970
  • 阿部定 関根弘詩集 土曜美術社、1971
  • 小説吉原志 講談社、1971
  • 明るい谷間 新吉原女子保健組合(復刻版解説)土曜美術社、1973
  • 浅草コレクション 創樹社、1973
  • 夢の落ちた場所 ブルース3部作 関根弘戯曲集 土曜美術社、1973
  • 余計者の抵抗の道 じゃこめてい出版、1973
  • 女の机 詩集 土曜美術社、1973
  • 機械的散策 評論集 土曜美術社、1974
  • 関根弘お伽噺集 創土社、1974
  • 針の穴とラクダの夢 半自伝 草思社、1978
  • 泪橋 関根弘詩集 思潮社、1980
  • 新宿詩集 土曜美術社、1980
  • 路地裏から 1981年春-秋 草思社、1982
  • 街 関根弘詩集 土曜美術社、1984
  • パビリオンTokyoの町 創樹社、1986
  • '60年代からこんにちは 21世紀を創造する対話 関根弘対談集 土曜美術社、1986
  • 花田清輝 二十世紀の孤独者 リブロポート、1987(シリーズ民間日本学者)
  • 奇態な一歩 関根弘詩集 土曜美術社、1989
  • 関根弘詩集 土曜美術社、1990(日本現代詩文庫)

翻訳編集