関氏(せきし、旧字体:關氏)は、日本氏族のひとつ。いくつかの血流がある。

  1. 伊勢国豪族で桓武平氏の平姓関氏。
  2. 藤原北家藤原秀郷を祖とする常陸国藤姓関氏。
  3. 美濃国を根拠地とする美濃関氏(清和源氏または藤原北家秀郷流)


平姓関氏

編集
関氏
(桓武平氏)
 
揚羽蝶あげはちょう
本姓 桓武平氏兼忠流または維衡流
家祖 平信兼または関実忠
種別 武家
出身地 伊勢国鈴鹿郡関谷
主な根拠地 伊勢国鈴鹿郡関谷
近江国蒲生郡中山陣屋
著名な人物 関盛信
関一政
関盛吉
関盛有
加太邦憲(鹿伏兎氏の末裔)
支流、分家 神戸氏武家
鹿伏兎氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

伊勢国鈴鹿郡を本拠とした豪族。出自には諸説あり、常陸平氏大掾氏の一族平兼忠5世の孫関信兼(出羽守)をもって祖とする説[要出典]がある。実際は『吾妻鏡』による伊勢平氏維衡末裔とされる鎌倉時代得宗被官である関実忠伊勢国鈴鹿郡関谷を賜り、関氏を称したのが初代と伝わっている。[要出典]

桓武天皇の曽孫高望は姓を平氏と賜り、高望の後裔平左近将監実忠関実忠)(せきさねただ)は1192年(建久3年)源頼朝に属し、勢州関谷を賜った。1204年(元久元年)6月、鈴鹿郡に入部して、関家を称し、幕紋 揚羽蝶を使った[1]

祖父とされる平資盛が流された平家累代の領地も伊勢鈴鹿郡久我荘である。

系図纂要』では関実忠平盛綱の兄弟としており、ともに北条泰時の側近となっている。北條家の力となり、鎌倉に居住した。

吾妻鏡』の各所に関左近大夫将監実忠の名で、平盛綱ら北条氏重臣とともに記述されており、当時、鎌倉にあって、北条氏の重臣として活躍してたものと推察されている。

なお蒲生氏郷の家臣神戸政房が伊勢の諸家の記録を読み、子の神戸良政が地元の老人に聞き込みを行った上で編纂し、比較的信頼性が高い資料とされる伊勢の軍記物『勢州軍記』の序章に伊勢国の諸家に関する記載があり、関一家については、六波羅太政大臣平清盛の後胤で、幕紋は上羽蝶、世に言う殿下乗合事件で、13歳から6年間、平資盛が伊勢鈴鹿郡久我荘に流されており、伊勢・伊賀は平家累代の領地で、住人、平家一族、諸侍にもてはやされ、この時期に生まれた資盛の子が関実忠と盛綱兄弟の父である平盛国であり、その後、盛国は源頼朝の平氏追討軍に捕えられたが、平重盛に恩義を感じていた頼朝が助け、北条時政に預けられ、北条氏に仕えるようになり、盛国の長男の関実忠建仁4年の平家の謀叛(1204年の三日平氏の乱)の後、伊勢鈴鹿郡関谷の地頭職を与えられて氏の祖となり、北条家与力となって鎌倉に住み、その弟の三郎左衛門尉盛綱(平盛綱)は北条家の執事となり権威をふるい、北条家内管領長崎氏の祖となった旨が記されている。

関家の始まり
NO 出生年 名前         備考
1 737年 桓武天皇 第50代天皇
2 786年 葛原親王 皇族
3 平安前期 高見王 皇族
4 平安前期-中期 平高望(高望王) 皇族、従五位下
5 平安中期 平良望(平国香) 藤原良方(藤原北家)の娘との間の嫡長子、従五位下
6 911年~920年 平貞盛 嫡長子、従五位上(正五位上とも)
7 平安中期 平維衡 4男、従四位上
8 平安中期 平正度 嫡長子、従四位、伊勢国において勢力を伸張
9 平安中期 平正衡 従四位下(一説には従五位下)
10 -1121 平正盛 従五位上、正五位下、従四位下、
11 1096-1153 平忠盛 正四位上、刑部卿
12 1118-1181 平清盛 武将、公卿、貴族、棟梁。従一位、太政大臣
13 1138-1179 平重盛 武将・公卿。正二位、内大臣
14 1161-1185 平資盛 従三位、

壇ノ浦の戦いで1185年に25歳で自害したとされているが、 『醍醐雑事記』『神皇正統録』の死亡者に資盛の名はない。

15 1113?-1186 平盛国 平盛国は『勢州軍記』『勢州四家記』によれば盛国は資盛の子だが、

盛国は平資盛より年上になってしまい、 また、関実忠の兄弟(平盛綱)の父が平資盛と言われているため、 平資盛が関実忠の祖父ではなく父親の説もあり。 いずれにしても関実忠は、 平正度の流れ。

16 平安末期-1265 関実忠 関氏初代(平盛綱の兄弟(系図纂要))

1192年 源頼朝に属し、勢州関谷を賜った

「勢州軍記」によると、北條氏滅亡後、関実忠6世の孫関盛実は足利尊氏公守護方の手に属し、たくさんの子孫を作り、鈴鹿河曲(伊勢国)など領地を賜り、子孫を繁盛させるための土台を作った。

元弘3年(1333年)に実忠7世の孫盛政が関東から関谷に移り住んだ。盛政には五人の子があり、長男・盛澄を神戸に(神戸氏の祖)、次男・盛門を国府(こう)城に、三男・盛繁本家を継がせ亀山城に、四男・盛宗を鹿伏兎(かぶと)城に、五男・政実を峯城に、それぞれ配して勢力を伸ばした。

「勢州四家記」によると、関家は、鈴鹿郡亀山、河曲郡神戸、鈴鹿郡峯の三家督体制となり、軍兵各3000の大将となった。また、同五大将とは、鈴鹿郡甲府関家と鹿伏兎関家と三家督をいい、鈴鹿郡甲府関家と鹿伏兎関家も軍兵500の大将となった。これらは足利氏の侍だった。

延元2年(1337年)、陸奥にあった北畠顕家義良親王を奉じて西上したとき、これに従い、伊勢では北朝方の有力豪族長野氏雲出川に構えた高師泰の軍と戦ったという。

室町時代幕府の支配に帰服するが、伊勢国司北畠満雅皇位継承における問題で、大覚寺統持明院統両統が交互に皇位を継承する取り決めを北朝・幕府が反故にしているとの不満から挙兵すると、関氏も北畠家の求めにより幕府軍と戦って降伏した。

戦国時代の動乱期には、中・北勢地方にまで勢力を伸ばしていた。しかし、織田信長が次期将軍として足利義昭を奉じて西上してくると、関一党は次々と信長に降り、離散した。

関盛信の子である一政豊臣家重臣・蒲生氏郷麾下きかとなり、豊臣秀吉九州征伐小田原征伐に出陣するなど、家名存続のため豊臣家の命を受けて転戦した。やがて氏郷が会津転封になると、一政もそれに従って陸奥に赴き、白河5万石を与えられた。

関ヶ原の戦いでは、はじめ西軍、のち東軍に属し、戦後旧領亀山城を与えられた。その後伯耆黒坂5万石に移封されたが、家中内紛のため元和4年(1618年改易された。養子・氏盛関盛吉の子)が近江国蒲生郡において5,000石を与えられて寄合に列した。

関実忠関盛信まで(伊勢国亀山城 築城)

編集
NO 生年 名前 備考
1 平安後期 関実忠 関氏初代
2 関資実
3 関資国
4 関資忠
5 関盛忠
6 関盛実 6代当主は関盛政
7 関盛重 7代当主は関盛澄(神戸氏初代)
8 関盛直
9 関盛雄
10 関盛高
11 関盛重
12 関重正
13 関盛正
14 関盛氏
15 関盛光
16 関盛信

第7代当主 関盛澄が作った神戸氏(神戸城築城)

編集
No. 生年 名前      備考
1 関 盛澄 関氏7代目当主、神戸氏初代
2 神戸 実重
3 神戸為盛
4 -1551 神戸具盛 伊勢国司6代?北畠材親(公家)の子
5 神戸長盛
6 神戸利盛
7 -1600 神戸具盛友盛 日野城蒲生定秀の娘を嫁に。関盛信の息子の関重信を養子に迎えることになっており、「神戸勝蔵」という名までついていたが、関氏と神戸氏に不和を発生させ乗っとりをする織田家の戦略により、織田信長の3男(後の織田信孝)を養子に迎えた。
8 1558-1572 神戸信孝(織田信孝 織田信孝が神戸を名乗り当主に。
9 神戸十蔵 織田信雄の家老(林与五郎(林正武))が信孝死後、自身も神戸与五郎を名乗り、嫡子十蔵に信孝の妻(7代具盛の娘)を嫁がた。
10 神戸政房 その後、神戸与五郎父子は蒲生氏郷に神戸城を追われ、美濃加賀の井で羽柴軍に敗れ1600年、具盛安濃津で客死して、神戸家は一旦絶家。

第4代神戸具盛の男系子孫で、蒲生氏に仕え従弟の高島勝政の息子、政房を養子とし、神戸家を復興。この系統は大阪に移住し、現在まで続いている

系譜

編集

子孫

編集

氏盛の跡は子の長盛が継ぎ、子孫は代々中山陣屋滋賀県蒲生郡日野町中山)に拠って家名を伝えた。明和7年(1770年)には盛有金剛定寺火災からの復興支援を行っている。その後関氏は大名に復帰することなく明治維新を迎えた。

藤姓関氏

編集
関氏
(藤原氏)
 
本姓 藤原北家秀郷流結城氏
家祖 関朝泰
種別 武家
出身地 不詳
主な根拠地 常陸国
凡例 / Category:日本の氏族

鎮守府将軍藤原秀郷の血を引く名門結城氏の一族にあたる。結城家2代当主である結城朝広の四男・朝泰が関氏を称した。その居城である関城南北朝時代の初期に北畠親房が拠点とするなど、常陸国における南朝方の中心となった城である。興国4年(1343年)、関城主であった関宗祐宗政親子は高師冬の大軍に攻められて討死し、親房は吉野に戻っている。

美濃関氏

編集
  1. 摂津源氏流、或いは藤原北家秀郷流藤原氏
  2. 河内源氏流(1.関氏の後身。森氏より養子をとり、その庶族となる)
美濃関氏
美濃関氏
 
鳳凰の丸ほうおう の まる
本姓 清和源氏摂津源氏山県氏
藤原北家秀郷流佐野氏
清和源氏(河内源氏森氏
家祖 関氏昌(源氏説)
関長綱(藤原氏説)
種別 武家
華族子爵
出身地 美濃国武儀郡関村
主な根拠地 美濃国
美作国
東京府
著名な人物 関成政 など
凡例 / Category:日本の氏族

出自

編集
  • 源氏説

摂津源氏山県氏族。家祖は山県氏頼兵庫)頭の三男氏昌(彦三郎)。その8世孫長重(十郎右衛門尉)は織田信長に仕え、近江桜馬場の陣や、対浅井戦で武功を飾ったという。これにより尾張一宮城主となり晴れて城持ちへと昇進した。

  • 藤原氏説

藤原北家佐野氏族。その後裔の佐野師綱美濃国武儀郡に一時的に居住していた時に生まれた子である十郎太郎長綱を家祖と位置づける。長綱の子である小十郎土岐頼遠に仕えたといい、以後土岐家臣として美濃に土着。その後裔である綱長の代に土岐頼芸が没落した為に斎藤道三に仕え、その子である長重の代に斎藤氏から織田信長に仕えた。

源氏とする説は『尊卑分脈』。藤原氏とする説は『美濃国諸家系図』に詳しいがどちらが真実を伝えたものかは定かではない。しかしながらどちらも美濃国武儀郡関村を根拠地とする点では共通している。また、この美濃関氏は一宮の真清田神社神官輩出しており、一宮の地とは縁深い。

戦国時代・織豊時代

編集

長重の子である成政織田信忠付きの家臣として活躍し、元亀3年(1572年)に同じ織田家臣兼山城主・森可成結婚し森家と血縁関係を持った。

義弟である森長可与力として働き、長島一向一揆三木合戦甲州征伐などに参加。また、この成政の代に一宮から美濃鴻野城主に領替えになったともいわれる。小牧・長久手の戦いの際にも長可に味方したが仏ケ根の戦いの際に長可ともども討ち死にしている。

江戸時代

編集

長可亡き後は弟の忠政がその跡を継ぎ、関家は森家の家臣筋となったが、忠政の跡は関成次室の生んだ長継を養子として据え、長継は二代津山藩主となった。一方、関家は長継実弟の長政が継ぎ、万治2年(1659年)に兄長継から美作国のうち1万8700石を分与された[2]宮川藩)。長政には後継がいなかった為、・長継の六男長治養子にして関家の名跡を継がせている[2]

元禄10年(1697年)に宗家森家の津山藩18万6500石が改易となった影響で関長治は元禄11年(1698年)に備中国新見藩に転封された[2]。以降廃藩置県まで同地に在封した[3]

明治時代以降

編集

最後の新見藩主長克は、明治2年1869年)6月22日に版籍奉還で新見藩知事に任じられ、明治4年1871年)7月14日の廃藩置県まで務めた[3]

明治2年(1869年)6月17日の行政官達で公家大名家が統合されて華族制度が誕生すると関家も大名として華族に列した[4][5]1884年明治17年)7月7日の華族令の施行で華族が五爵制になると、同月8日に旧・小藩知事[注釈 1]として万里小路伯爵家からの養子博直子爵に列せられた[7][8]。博直は貴族院の子爵議員に当選して務めた[9]

長博の代に関子爵家の邸宅は東京市中野区高根町にあった[8]

美濃関氏系譜

編集
  • 太線は実子、細線は養子。
源氏流系図
山県氏頼国政
   ┃
(四代略)
   ┃
  国兼氏頼関氏昌
   ┃
(六代略)
  ┃
  成重
  ┣━━┓
  成政 長尚
  ┃
  成次
  ┣━━━━━━━┓
 森長継      長政
  ┣━━━┓    |
  長俊 長治──→長治
  ┃       |
  長広─────→長広
          ┃
         政富
          ┣━━━┓
         長誠  政辰
          |   |
          └─→ 長誠
              ┣━━━┓
             長輝  森長義
          ┏━━━┫   ┃
         長吉  成煥  長道
          ┃    |   |
         長克  長道←──┘
          |    |
          └─→ 長克
藤原氏流系図
藤原秀郷千常文脩兼光頼行淵名兼行足利成行家綱有綱佐野基綱国基実綱成綱広綱貞綱資綱師綱関長綱小十郎長盛長門守綱俊
   ┣━━━┓
  俊長  通長
   ∥     |
  通長←―-┘
   ┣━━━┓
  長利  長勝
       ∥
      綱村
       ┃
      綱長
       ┣━━━┓
      長俊  成重
       ┃   ┣━━━┓
      勝俊  成政  長尚
           ┃
     (以降は上記系図と同様)

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 旧新見藩は現米6510石(表高1万8000石)で現米5万石未満の旧・小藩に該当[6]

出典

編集
  1. ^ 勢州四家記 伊勢国司伝記、桓武平氏系図. 
  2. ^ a b c 新田完三 1984, p. 626.
  3. ^ a b 新田完三 1984, p. 628.
  4. ^ 浅見雅男 1994, p. 24.
  5. ^ 小田部雄次 2006, p. 13 - 14.
  6. ^ 浅見雅男 1994, p. 151.
  7. ^ 小田部雄次 2006, p. 332.
  8. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 387.
  9. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 388.

参考文献

編集
  • 浅見雅男『華族誕生 名誉と体面の明治』リブロポート、1994年(平成6年)。 
  • 小田部雄次『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 華族大鑑刊行会『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 
  • 新田完三『内閣文庫蔵諸侯年表』東京堂出版、1984年(昭和59年)。