メインメニューを開く

関西ウィーク』(かんさいウィーク)は、NHKが、毎年10月末 - 11月初旬の1週間を利用して、大阪放送局並びに関西圏各放送局が制作する全国放送番組近畿に関連した特集番組を特に集中編成して展開する企画。

大阪局が2001年11月に現在の新局舎を大阪市中央区大手前(旧局舎前)に完成したことを記念して行われているもので、2000年までは、5年ごとの開局記念年度が実施された時に、NHK大阪の開局日(1925年6月1日)に合せて6月に行われていた。

わが心の大阪メロディー編集

 
「わが心の大阪メロディー」の生放送が行われるNHK大阪ホール

2001年以降、ゴールデンタイム枠に総合テレビを通して放送されている公開番組。会場はNHK大阪ホール。2013年まではラジオ第1(海外へはNHKワールド・プレミアムNHKワールド・ラジオ日本)でも放送されていた。

番組体裁としては毎年8月に実施されている『思い出のメロディー[注 1]の関西版といった趣で、視聴者から寄せられたリクエストとそれに関するエピソードを記したお便りと歌手の歌唱を紹介し、また関西に縁の深い著名人、その年下期の連続テレビ小説の出演者(年度下期は原則として大阪局制作)などをゲストに交えてその歌にまつわるトークを展開していく。

第1回(2001年)ではやしきたかじんに出演を依頼するも、たかじん本人は即座に断った。たかじんは生前、NHK嫌いを公言しており「誰が糞NHKなんかに出るか」と出演を断ったことを自慢話にしていた。そのたかじんが逝去した2014年には、代表曲である「やっぱ好きやねん」が天童よしみによって歌われた。

フィナーレは、当初は中村泰士が本番組のために作った曲「大阪ヒューマンランド 〜やんか!〜」を、中村自らの指揮により全員合唱するものであった。しかし中村が高齢となり健康上の問題もあったこと、歌詞の中に出てくるプロ野球チーム大阪近鉄バファローズ2004年に消滅したことから、2005年で終了。2006年 - 2010年2013年2015年 - 2017年は上沼が実姉・海原万里との漫才コンビ“海原千里・万里”として1975年に発表した「大阪ラプソディー」を上沼本人のメインボーカルにより全員合唱した。この他には2011年2012年は「青い山脈」が(「青い山脈」は近畿との縁[注 2]が深いという意味での選曲である)歌われた。なお「大阪ラプソティー」については、上述以外の年も上沼により番組内で歌唱されている。他に2014年はこの年の大阪局制作の連続テレビ小説『マッサン』のヒロインがスコットランド出身であるという設定を踏まえて、ヒロインを演じるシャーロット・ケイト・フォックスがスコットランド民謡「オールド・ラング・サイン」を1コーラス歌った後、その日本語詞である「蛍の光」を出演者全員で1コーラス歌い、2018年DA PUMPが「U.S.A.」を大阪桐蔭高等学校吹奏楽部同志社香里高等学校ダンス部とのコラボレーションという形で締め括った。

  • 放送時間:19:30 - 20:45(JST
    • 2004年10月30日に放送されたが、新潟県中越地震に伴い『NHKニュース7』を拡大したため、30分繰り下げた。
    • 2005年から2009年の放送日:文化の日(11月3日)固定
    • 2010年は『NHK歌謡コンサート』(以下『歌コン』)の放送枠を用いる形で、火曜日の19:30 - 20:43に放送。以降2013年まで関西ウィーク期間中の火曜日の放送となる。
    • 2010年、ラジオ第1は開催当日にプロ野球日本シリーズ中継を行ったため11月13日(土曜日)19:30 - 20:43に遅れ放送。
    • 2012年(放送日は10月30日)はNHKワールド・プレミアム、ラジオ第1、NHKワールド・ラジオ日本では放送当日にプロ野球日本シリーズ中継を行うため、NHKワールド・プレミアムは11月2日(金曜日)19:30 - 20:43に、ラジオ第1とNHKワールド・ラジオ日本は11月7日(水曜日)20:05 - 21:18にそれぞれ遅れ放送(NHKワールド・プレミアムのプロ野球中継はBS1との同時放送である)。
    • 2014年は『歌コン』(2016年より『うたコン』)を毎月第4火曜日にNHK大阪ホールで公開生放送を行う絡みからか、それに合わせる形でひと月余り繰り下がり、12月16日に放送され、以降2018年までは12月第2ないし第3火曜日の19:30 - 20:43に放送されていた。一方でこれ以降はラジオでの放送は行われていない。
    • 2019年は再び関西ウィーク期間中の放送となり、10月29日の19:30 - 20:45に放送予定。

司会編集

回数 放送日 メイン サブ 備考
第1回 2001年11月3日 上沼恵美子 宮本隆治
第2回 2002年11月2日
第3回 2003年11月1日
第4回 2004年10月30日
第5回 2005年11月3日
第6回 2006年11月3日
第7回 2007年11月3日 水谷彰宏
第8回 2008年11月3日 石澤典夫 [注 3]
第9回 2009年11月3日 高山哲哉
第10回 2010年11月2日 青井実
第11回 2011年11月1日
第12回 2012年10月30日
第13回 2013年11月5日
第14回 2014年12月16日 西川きよし
檀れい
小田切千 [注 4]
第15回 2015年12月15日 波瑠
友近
[注 5]
第16回 2016年12月13日 中村玉緒
藤井隆
[注 6]
第17回 2017年12月12日 葵わかな
藤井隆
第18回 2018年12月11日 松坂慶子
藤井隆
第19回 2019年10月29日 上沼恵美子
陣内智則
青井実 [注 7]
  • 第1〜13回までは上沼がメイン司会を務めていたが、12%の視聴率が6%になり降板。以降は関西に縁のある芸能人や大阪局で制作・放送中の『連続テレビ小説』の出演者等がメイン司会を務めていたが、第19回にて上沼が復帰。
  • サブ司会は放送時点での東京・NHK放送センター在籍の男性アナウンサーが務める(男性アナウンサーを大阪局で用意せず東京アナウンス室から呼ぶ理由については不明)。第19回は『NHKニュース7』土日祝キャスターである青井を6年ぶりに起用。なお、青井は大阪局勤務時の第15回にあべのハルカスからの中継リポーターとして、第16回は副音声企画「ウラトーク」の進行を担当[注 8]していた。
  • 上沼は司会を担当しなかった第15〜18回に関しては出演歌手専任の立場で出演していた。しかしながら第15回において、上沼は本番前に小田切が挨拶を無視したことに不満を覚え「私がリハに出ないからですか?」と本人に詰め寄るという事態も発生(上沼は本番組などリハーサルに出ないのが常)。

その他編集

  • 期間中は、『土曜スタジオパーク』など、一部の情報ワイド番組が大阪発となるほか、ゴールデンタイムの番組も関西をテーマにした内容に特化して放送される[注 9]。BSでも、関西にちなんだ内容の番組が編成される。
  • また関西向けの地域放送でも特集編成を充実させている。
  • 原則11月3日文化の日前後の週末(2006年度は11月5日までの3連休に開催)には、このイベントの集大成ともいえる「BKワンダーランド・大阪放送局施設見学会」も毎年実施されている。見学会では、NHK大阪放送局で製作される連続テレビ小説のヒロインによるトークイベントや、スタジオセットの見学会、またデジタル放送の体験イベントなどのアトラクションが実施されている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2011年の『思い出のメロディー』は東北地方太平洋沖地震東日本大震災)後の混乱を避けるため、NHK大阪ホールで実施。
  2. ^ 作曲者の服部良一が大阪府出身。また服部が六甲山の山並みを見ている時にメロディーが浮かんだ、という逸話がある。
  3. ^ 上沼は石澤の大ファンであり、宮本がNHKを退職した当時石澤は名古屋局にいたため後任指名は実現しなかったが、石澤の東京復帰を待ってようやくコンビが実現した。
  4. ^ 『マッサン』の収録スタジオリポート(事前収録)および道頓堀グリコサイン前からの生中継は登坂淳一(出演時点で大阪局アナウンサー)が担当。
  5. ^ この回より正式にタイトルに回数を表示。
  6. ^ 2010年の『第61回NHK紅白歌合戦』より副音声で実施されている「ウラトーク」をこの回でも実施し、中川家・礼二水谷千恵子、青井実が担当。
  7. ^ 第1回以来使われてきたタイトルロゴを初めて変更。
  8. ^ 当時キャスターを務めていた『ニュースほっと関西』(18:10 - 19:00)には通常通り出演。
  9. ^ 2013 - 2014年度に毎週金曜日に大阪発のレギュラー放送が設けられていた『ゆうどきネットワーク』(『ゆうどき』に改題した2014年度を以って終了)については特に特集編成は行われなかった。

出典編集


外部リンク編集