メインメニューを開く

関西フーズ(かんさいフーズ)は、「力丸」のブランド回転寿司チェーン店を運営する日本の企業。本社を姫路市に置き、神戸・姫路エリアに11店舗(2019年6月現在)を展開する。いけすを設置し、全国の漁港などから仕入れたを客の目の前でさばくなど、低価格路線とは一線を画すグルメ志向の経営方針を特徴とする[1][2]

株式会社関西フーズ
Kansaifoods Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
670-0984
兵庫県姫路市町坪179-9
設立 1987年昭和62年)10月
業種 小売業
事業内容 回転寿司チェーン「力丸」の経営。
代表者 福永力夫代表取締役
資本金 5000万円
関係する人物 福永博之(創業者)
外部リンク https://kansaifoods.co.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

1980年昭和55年)に創業者の福永博之が、第1号店となる「くるくる寿司飾磨店」を開店。1988年(昭和63年)には「すしプラザ」の名称で、回転ずしチェーン店の展開を開始。回転寿司ブームの到来とともに地盤を強固とすべく2001年(平成13年)より順次、「すしプラザ」から「力丸」と「廻鮮漁港」に名称変更し、安さだけではなくグルメ志向の回転寿司への路線を歩む。当初は郊外型店舗が主体であったが、駅前型への展開も強め、姫路から東の地域への進出を図っている[1]

屋号の由来編集

屋号の「力丸」の名は、2代目社長福永力夫の「」と漁船の名に用いられる「」を由来とする。「廻鮮漁港」は、「漁港に水揚げされる海鮮を廻る寿司屋でお腹いっぱいどうぞ」との思いから名付けられた。2017年(平成29年)11月よりは、「力丸」に統一された[1]

経営理念編集

  • お客様の食生活に寄与すること
  • 社員の生活向上をはかること
  • 企業の安定成長をはかること

としている[3]

店舗の特色編集

価格は一皿100円(税別)から設定しながらも、低価格だけを追求した回転寿司店とは一線を画し、100種類を超えるメニューと播州播磨前捕れの新鮮なを使用。いけすを設置した店では、の寿司ネタや活魚などを備え、いけすで泳ぐアジタイヒラメなどの魚を注文を受けてその場でさばく演出を行っている[4][5][6]平日ランチメニューには1000円を切る低価格で「海鮮丼ランチ」や「日替わりにぎりランチ」などを提供している[2]

3つのこだわりとして、以下を挙げている。

  • 「本物の味へのこだわり」
いけすを設置し、全国の漁港から直接仕入れた旬の魚などを泳がせ、注文を受けてから客の目の前でさばき、寿司を握る[3]
  • 「癒しの空間と安全へのこだわり」
日本の伝統食文化である寿司を提供する店として「和」を基本とする内装としながらも、注文をスムーズにするためのタブレット端末や注文品を客の手元に運ぶ特急レーンの設置、子供向けのゲームコーナーやキッズルームなども併設している[3]
  • 「良質な接客サービスへのこだわり」
スタッフを客から見えるカウンター内に配置することで、気配りの行き届くもてなしを行うことが可能[3]

体験教室編集

年3~4回、貸し切り店舗で子供向けの「すし職人体験教室」を実施している。寿司店は厚生労働省の2008年調査で、1万3千軒も減少しており、市場規模は縮小、寿司職人の志願者も減少していることを危惧した同社が、地元貢献の一環として企画したものである[7]

沿革編集

  • 1980年(昭和55年)
    • 3月、創業者福永博之により、第1号店「くるくる寿司 飾磨店」開店。
    • 8月、「くるくる寿司 名古山店」開店。
  • 1987年(昭和62年) - 11月、「くるくる寿司 青山店」開店。
  • 1988年(昭和63年) - 10月、「すしプラザ 岡田店」開店(2001年に「廻鮮鮨 力丸」に変更)。同月、本社事務所を姫路市西延末に置く。
  • 1989年(平成元年)
    • 「すしプラザ」の名称で、回転ずしチェーン店の展開を開始。
    • 2月、「くるくる寿司 名古山店」を全面改装し、「すしプラザ」に変更。
  • 1990年(平成2年)- 6月、「くるくる寿司 青山店」、「くるくる寿司 飾磨店」の店名を「すしプラザ」に変更(2003年と2001年にそれぞれ「廻鮮漁港 青山店」と「廻鮮鮨 力丸」に変更)。
  • 1994年 (平成6年)- 11月、「すしプラザ 大津店」開店(2002年に「廻鮮漁港 大津店」に、さらに2014年「力丸」に変更)。
  • 1995年 (平成7年)- 10月、「すしプラザ 高砂店」開店(2003年に「廻鮮漁港 高砂店」に、さらに「力丸」に変更)。
  • 1997年 (平成9年)- 11月、「すしプラザ 加古川店」開店(2001年に「廻鮮漁港 高砂店」に、さらに「力丸」に変更)。
  • 1999年 (平成11年)- 11月、「すしプラザ 二見店」開店(2001年に「廻鮮鮨 力丸」に変更)。
  • 2000年 (平成12年)- 5月、本社を現在の姫路市町坪179-9に新築移転。
  • 2001年(平成13年)- 「すしプラザ」から「力丸」と「廻鮮漁港」に順次、名称変更を開始。グルメ志向の回転寿司店を目指す。
  • 2002年(平成14年)- 3月、「廻鮮鮨 力丸 太子店」開店(2003年に「廻鮮漁港 太子店」に変更、さらに「力丸 揖保郡太子店」に変更)。
  • 2004年(平成16年)- 12月、「廻鮮漁港 東山店」開店(2017年に「力丸 姫路東山店」に変更)。
  • 2009年(平成21年)- 12月、「廻鮮鮨 力丸 姫路辻井店」開店。
  • 2011年(平成23年)- 12月、「播磨の活魚にぎり 力丸 姫路中地店」開店。
  • 2012年(平成24年)- 7月、「力丸 神戸大蔵谷店」開店。
  • 2016年(平成28年)- 6月、「力丸 JR姫路駅店」開店。
  • 2018年(平成30年)- 7月、「力丸 神戸垂水店」開店。

(以上[1]より)

所在地編集

本社編集

兵庫県姫路市町坪179-9

店舗編集

  • 力丸 JR姫路駅店
姫路市豆腐町222 ピオレ3
  • 力丸 姫路辻井店
兵庫県姫路市辻井3丁目1193-1
  • 力丸 姫路中地店
兵庫県姫路市飾磨区構4丁目90
  • 力丸 姫路大津店
兵庫県姫路市大津区西土井281-1
  • 力丸 姫路東山店
兵庫県姫路市東山239-1
  • 力丸 揖保郡太子店
兵庫県揖保郡太子町蓮常寺294-1
  • 力丸 高砂店
兵庫県高砂市伊保東2丁目290-1
  • 力丸 加古川店
兵庫県加古川市野口町坂井105-1
  • 力丸 明石二見店
兵庫県明石市二見町西二見1864
  • 力丸 神戸大蔵谷店
神戸市西区伊川谷町有瀬407-2
  • 力丸 神戸垂水店
神戸市垂水区名谷町2569-6

(以上[8]より)

メディア編集

テレビ編集

ラジオ編集

  • Kiss FM KOBE』(取材日:2013年8月28日、2013年12月22日、2014年7月11日、2016年12月20日)

[9]より)

出典編集

  1. ^ a b c d 株式会社関西フーズ公式サイト - 会社概要”. 2019年6月10日閲覧。
  2. ^ a b 『はりまのランチのおいしいお店』(まるはりexpress 2014年5月30日発行)
  3. ^ a b c d 株式会社関西フーズ公式サイト - ビジョン”. 2019年6月10日閲覧。
  4. ^ 『姫路ウォーカー』2012年版 P51
  5. ^ 『姫路城ウォーカー』(ウォーカームックNo.532、2015年2月27日発行)
  6. ^ 『日経トレンディ』2015年12月号
  7. ^ 神戸新聞』2014年3月28日「すし職人になろう 姫路・関西フーズの体験教室好評」
  8. ^ 株式会社関西フーズ公式サイト - 店舗情報”. 2019年6月10日閲覧。
  9. ^ 株式会社関西フーズ公式サイト - メディア”. 2019年6月10日閲覧。

外部リンク編集