関西中等学校優勝野球大会

関西中等学校優勝野球大会(かんさいちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は、1915年に行われた第1回全国中等学校優勝野球大会大阪府奈良県和歌山県を対象にした関西地区予選。

概要編集

現在の全国高等学校野球選手権大会の前身大会にあたる全国中等学校優勝野球大会は1915年7月1日大阪朝日新聞の社告で第1回大会の開催が発表された。近畿地区においては、兵庫県が全国で唯一となる単独代表を認められた他、大阪府・奈良県・和歌山県が関西大会、京都府滋賀県は京津大会(1956年に京滋大会に改称。1972年まで開催)に組み込まれ地方大会を行うこととなった。

関西大会には大阪府から5校(市岡中八尾中大阪工明星商大阪商)と和歌山県から3校(和歌山中耐久中高野山中)の計8校が参加した。なお、奈良県からの参加校はなかった。

翌年の第2回大会からは全国大会の開催球場であった豊中グラウンドが所在する大阪府が新たに単独代表を認められ、奈良県と和歌山県も紀和大会を編成したため関西大会は1回限りで消滅した。

大会結果編集

和歌山中が決勝で市岡中を2-1で降し、関西代表として第1回全国中等学校優勝野球大会への出場を決めた。和歌山中はこの年から1928年まで14年連続で全国大会出場を果たした。連続出場記録は現在も破られていない。

組み合わせ・試合結果編集

1回戦 準決勝 決勝
                   
       
 和歌山中 16
 大阪商 0  
 和歌山中 16
   明星商 1  
 明星商 10
 高野山中 0  
 和歌山中 2
   市岡中 1
 市岡中 4
 耐久中 2  
 市岡中  
   大阪工 棄権  
 大阪工 12
 八尾中 5  

決勝スコア編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
和歌山中 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
市岡中 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

関連項目編集