メインメニューを開く

関西学院大学体育会サッカー部(かんせいがくいんだいがく たいいくかいサッカーぶ、英語: Kwansei Gakuin University Soccer Club)は、兵庫県西宮市にある関西学院大学のサッカークラブである。

関西学院大学体育会サッカー部
原語表記 関西学院大学体育会サッカー部
クラブカラー      紺(K・G・ブルー)
創設年 1918年
所属リーグ 関西学生サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 兵庫県西宮市
ホームスタジアム 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス第4フィールド 他
監督 古塚恵太郎
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

関西学院が創立された1889年より以前からボールを蹴られ、体育の授業でもサッカーが取り入れられていた。その後、旧制広島中学(現:広島国泰寺高校)出身の平田一三が関西学院に進学し[1][2][3][4][5][6]、当時の関西学院が所在した神戸市の原田の森にあった「啓明寮」で仲間とボールを蹴り始め、1918年に「関学蹴球部」の名称でサッカー部を創設した[1][2][3][4][5][6][7][8]。平田の広島一中で一学年下が東京大学サッカー部創設者・野津謙[3][5][9]、二学年下が慶應大学サッカー部創設者・深山静夫[5][10]

1923年、関西専門学校ア式蹴球連盟(現在の関西学生サッカー連盟)を関西大学および神戸高等商業学校と共に発足させ、1924年1月に関西専門学校ア式蹴球リーグ(現在の関西学生サッカーリーグ)が創設された(初年度の加盟校は関西学院、関西大学および神戸高商)[11]。また、1924年より早稲田大学との早関サッカー定期戦が開始された[7]

1925年5月に開催された第7回極東選手権競技大会日本代表渡邊彌之助など5名が本部在籍者として初めて選出された[12]

1926年、関西専門学校ア式蹴球リーグで初優勝した。

1929年、東西学生蹴球対抗王座決定戦の第1回大会に出場し東京帝国大学に敗れた。同年のア式蹴球全国優勝大会(第9回天皇杯全日本サッカー選手権大会)に関学クラブとして初出場し、決勝で法政大学を破り初優勝した。翌1930年の大会(第10回天皇杯全日本サッカー選手権大会にも出場し、決勝で慶應BRBを破って2連覇を飾った。

1938年、東西学生蹴球対抗王座決定戦で初優勝した。

全関学の名称で1950年の天皇杯に出場し優勝。1953年および1955年の大会も全関学として優勝した。また、関学クラブとして出場した1958年の第38回天皇杯全日本サッカー選手権大会の1回戦で、南部蹴球団(東北代表)に18-0で勝利したが、これは2014年現在の天皇杯本大会における1試合での1チーム最多得点・最多得点差・合計最多得点試合の各記録である。同大会決勝で八幡製鉄を破って優勝した。

1959年の第39回天皇杯全日本サッカー選手権大会古河電工(現:ジェフユナイテッド市原・千葉)、東洋工業(現:サンフレッチェ広島F.C)と実業団勢を破り、決勝も中央大学に勝利して2度目の連覇を達成した。

16回目の出場となった2000年の第80回天皇杯全日本サッカー選手権大会の1回戦でJ2・ベガルタ仙台に勝利した。

24回目の出場となった2014年の第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会の2回戦でJ1・ヴィッセル神戸に勝利した[13]

2015年8月、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントで初優勝した[14]。同年11月、関西学生リーグ1部で歴代最多となる29度目の優勝(6年ぶり)を決めた[15]。さらに12月には、第64回全日本大学サッカー選手権大会で初優勝を果たし、1985年の大阪商業大学以来30年ぶりとなる関西選手権、関西リーグ、総理大臣杯、大学選手権の4冠を達成した[16]

27回目の出場となった2018年の天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会の2回戦でJ1・ガンバ大阪に勝利した[17][18]

主な成績編集

主な出身選手編集

参考文献編集

  • 『兵庫サッカーの歩み―兵庫県サッカー協会70年史』兵庫県サッカー協会、1997年12月。ISBN 4303990205

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 有島弘記 (2018年11月23日). “殿堂入り4人 関学大サッカー部100年の誇り”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞社). オリジナルの2019年2月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190204090135/https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201811/0011845269.shtml 2019年2月4日閲覧。 
  2. ^ a b 日本サッカーの歴史(Internet Archive)
  3. ^ a b c 『日本サッカーのあゆみ』日本蹴球協会(編)、講談社、1974年、50頁。
  4. ^ a b 『広島一中国泰寺高百年史』広島県立広島国泰寺高等学校百年史編集委員会、1977年、158、159、221-223、290、291頁。
  5. ^ a b c d 『栄光の足跡 広島サッカー85年史』広島県サッカー協会、2010年、22-25頁。
  6. ^ a b 兵庫県協会 pp.111-112
  7. ^ a b 年表”. 関西学院大学体育会サッカー部. 2014年4月19日閲覧。
  8. ^ サッカー部(関西学院事典)”. 関西学院大学. 2018年6月7日閲覧。
  9. ^ 東京大学ア式蹴球部
  10. ^ 『風呼んで翔ける荒鷲よ 慶応義塾体育会ソッカー部50年』慶応義塾体育会(編)、三田ソッカー倶楽部、1978年、19、21-25、161、283頁。歴史館 - 慶應義塾体育会ソッカー部歴史館2≪主将、浜田諭吉氏 - 慶應義塾体育会ソッカー部賀川サッカーライブラリー
  11. ^ 兵庫県協会 p.116
  12. ^ (1925.05.20) マニラ”. 日本サッカー協会. 2014年7月18日閲覧。
  13. ^ 関学大サッカー部が14年ぶりの大金星!天皇杯でJ1に勝利”. 関西学院大学 (2014年7月17日). 2015年8月16日閲覧。
  14. ^ “サッカー部が総理大臣杯で日本一!創部初の快挙” (プレスリリース), 関西学院大学, (2015年8月20日), http://www.kwansei.ac.jp/news/2015/news_20150820_011287.html 2015年8月24日閲覧。 
  15. ^ “サッカー関西学生リーグ 関学大6年ぶり優勝”. 神戸新聞. (2015年11月14日). http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201511/0008566977.shtml 2015年11月15日閲覧。 
  16. ^ “大学選手権 呉屋不在も関係なし!関学大が阪南大に4発圧勝、初優勝で4冠達成!!”. ゲキサカ. (2015年12月19日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?178988-178988-fl 2015年12月19日閲覧。 
  17. ^ “サッカー部が大金星!天皇杯でJ1のG大阪に勝利” (プレスリリース), 関西学院大学, (2018年6月7日), https://www.kwansei.ac.jp/news/2018/news_20180607_019985.html 2018年6月7日閲覧。 
  18. ^ 第98回天皇杯 関学大がG大阪を破りジャイアントキリングを演じる”. 日本サッカー協会 (2018年6月7日). 2018年6月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集